畑作業を始めて以来、野菜にかける何十倍もの時間を雑草との戦いに費やしてきたような気がします。刈っても刈っても瞬く間に伸びてくる雑草は、成長の速いもので1日約3センチ、1週間で20センチも伸びます。自然農法は、なるべく雑草と作物とを共存させ、より自然に近い状態で作物を成長させる農法ですが、現実には雑草の成長スピードに全く追いつけず、せっかく蒔いた種や植え付けた苗たちが、雑草という海原の中に埋没してしまう事も珍しくはありません。
 ある時、今まで真剣に雑草と向き合った事が無かった事に気がつきました。自然の中には必要のないものなどありません。では雑草とはそもそも何の意義があるのでしょうか?雑草と呼ばれるものは原生林の深い森の中では存在しないそうです。人間の身近にあって、人の役には立たない事から雑草と呼ばれているのです。中には人間を利用し、人が土に手を加える事によって広がっていく種類もあるそうです。本来、雑草は外来種のような例外もありますが、そのほとんどは古来からその土地に根付いてその風土や土壌に適するように進化を遂げて来た植物たちです。野菜のような原産地が他の国々の、しかも温室で種から育てられ販売されているものとでは、強さに雲泥の差があるのは当然です。
 自然農法では雑草と共に野菜を育てる事によって土の中に色々な菌が混ざり合い、連作障害が起きにくくなるというメリットがあります。雑草が地面を覆う事によって地表が剥き出しになる事を防ぎ、土の温度や湿度をなるべく一定に保つ役割も補っています。雑草を敵対視せずに上手くコントロールする事が自然農法の鉄則なのでしょうが、今の自分のレベルでは毎年愚痴をこぼしながら、汗だくで草刈りをしているのが精一杯です。それでも夏の畑でバジルとトマトが収穫できたので、ピザを手作りしてみました。新鮮野菜たっぷりで、なかなかよい出来となりました。

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る