畑作業を始めて以来、野菜にかける何十倍もの時間を雑草との戦いに費やしてきたような気がします。刈っても刈っても瞬く間に伸びてくる雑草は、成長の速いもので1日約3センチ、1週間で20センチも伸びます。自然農法は、なるべく雑草と作物とを共存させ、より自然に近い状態で作物を成長させる農法ですが、現実には雑草の成長スピードに全く追いつけず、せっかく蒔いた種や植え付けた苗たちが、雑草という海原の中に埋没してしまう事も珍しくはありません。
 ある時、今まで真剣に雑草と向き合った事が無かった事に気がつきました。自然の中には必要のないものなどありません。では雑草とはそもそも何の意義があるのでしょうか?雑草と呼ばれるものは原生林の深い森の中では存在しないそうです。人間の身近にあって、人の役には立たない事から雑草と呼ばれているのです。中には人間を利用し、人が土に手を加える事によって広がっていく種類もあるそうです。本来、雑草は外来種のような例外もありますが、そのほとんどは古来からその土地に根付いてその風土や土壌に適するように進化を遂げて来た植物たちです。野菜のような原産地が他の国々の、しかも温室で種から育てられ販売されているものとでは、強さに雲泥の差があるのは当然です。
 自然農法では雑草と共に野菜を育てる事によって土の中に色々な菌が混ざり合い、連作障害が起きにくくなるというメリットがあります。雑草が地面を覆う事によって地表が剥き出しになる事を防ぎ、土の温度や湿度をなるべく一定に保つ役割も補っています。雑草を敵対視せずに上手くコントロールする事が自然農法の鉄則なのでしょうが、今の自分のレベルでは毎年愚痴をこぼしながら、汗だくで草刈りをしているのが精一杯です。それでも夏の畑でバジルとトマトが収穫できたので、ピザを手作りしてみました。新鮮野菜たっぷりで、なかなかよい出来となりました。

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る