夏の食欲をそそるメニュー

 講座『スパイスと料理』が、5月29日と6月26日の全2回、八幡公民館で行われた。男性を含む25名が参加し、スパイスの効能と味を生かした料理を学んだ。講師は市内で多くの料理講座を受け持つ南堀蔦子さん。「スパイスは色づけ、匂い消し、匂いづけに使うもの。目安はほのかに香るくらいで」と解説。取材した1日目は、レモンたっぷりで爽やかなマデイラケーキ、カレー粉を使ったタンドリーチキン、ピリ辛なイカのエスニック炒めをつくった。
 ケーキは生地にレモン汁、レモンの皮のすりおろしを入れ、型に流し込んだら、上に薄切りのレモンピールを散らす。チキンは、タマネギのすりおろしとカレー粉、肉を柔らかくするヨーグルトを混ぜたつけ汁がポイント。「オーブンで焼くときは、つけ汁はある程度落として。残ったつけ汁はまだ使えるので、サバなどの青魚に。臭みがとれてオススメ」と南堀さん。3品目のイカは、足の吸盤は口当たりを良くするためそぎ取り、ナンプラー、豆板醤とはちみつで、ピリ辛ながらもまろやかな味わいになるエスニックだれで仕上げる。
 試食には南堀さんが最初に炊飯器に仕掛けておいた桜エビ入りのターメリックライスも加わり、参加者はどの料理も「美味しい!」と絶賛、「この夏はスパイス料理にチャレンジですね!」。2回目の講座は、スパイスチキンとジャガイモのクリーム煮などで、こちらも大好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る