ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
ギンリョウソウ(銀竜草)白色の蝋細工

 初夏のこの時期、薄暗い雑木林の中にある落葉で覆われた道端などで、頭をもたげる白い奇妙なものにギョッとします。遠くから見ると白いキノコのように見えますが、近くで見るとそれは透き通る白色の蝋細工のように美しく、まるで妖精のようです。
 うつむき加減の花、うろこ状のような葉に包まれている姿から竜を彷彿させるので、ギンリョウソウの名がつけられたそうです。また、一方では、白っぽい姿で頭を下げる怪しい出で立ちなどから、別名ユウレイタケとも言われています。
 ギンリョウソウは、その姿形からキノコの仲間と思われがちですが、イチヤクソウ科の植物で全国に分布しています。薄暗い林床の湿り気のある腐植土などに生育し、高さは約10~15センチ程度。根以外は全て白色、花は円筒形、葉は退化してりん片状です。
 植物は、通常、自分が生育するために主に葉にある葉緑体で光合成を行い必要な栄養を作り出します。しかし、ギンリョウソウは見てのとおり白色のため葉緑体を持っていないので自立して生育できません。
 樹木の根などにつく菌類に寄生し、樹木が光合成で作り出している栄養などをその菌類を通じて得ている特殊な生育形態を持っているとのことです。なんとも合理的な植物と思いますが、その反面、条件のそろった場所にしか生育することができないので、繁殖力は低く、いつも同じ場所に生えてくるとは限らないため、なかなかお目にかかる機会は少ないようです。
 妖精か、はたまた幽霊か、そんな美しく不思議な魅力を持つギンリョウソウに山の中で出会えたら幸運かもしれません。

ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る