ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
ギンリョウソウ(銀竜草)白色の蝋細工

 初夏のこの時期、薄暗い雑木林の中にある落葉で覆われた道端などで、頭をもたげる白い奇妙なものにギョッとします。遠くから見ると白いキノコのように見えますが、近くで見るとそれは透き通る白色の蝋細工のように美しく、まるで妖精のようです。
 うつむき加減の花、うろこ状のような葉に包まれている姿から竜を彷彿させるので、ギンリョウソウの名がつけられたそうです。また、一方では、白っぽい姿で頭を下げる怪しい出で立ちなどから、別名ユウレイタケとも言われています。
 ギンリョウソウは、その姿形からキノコの仲間と思われがちですが、イチヤクソウ科の植物で全国に分布しています。薄暗い林床の湿り気のある腐植土などに生育し、高さは約10~15センチ程度。根以外は全て白色、花は円筒形、葉は退化してりん片状です。
 植物は、通常、自分が生育するために主に葉にある葉緑体で光合成を行い必要な栄養を作り出します。しかし、ギンリョウソウは見てのとおり白色のため葉緑体を持っていないので自立して生育できません。
 樹木の根などにつく菌類に寄生し、樹木が光合成で作り出している栄養などをその菌類を通じて得ている特殊な生育形態を持っているとのことです。なんとも合理的な植物と思いますが、その反面、条件のそろった場所にしか生育することができないので、繁殖力は低く、いつも同じ場所に生えてくるとは限らないため、なかなかお目にかかる機会は少ないようです。
 妖精か、はたまた幽霊か、そんな美しく不思議な魅力を持つギンリョウソウに山の中で出会えたら幸運かもしれません。

ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る