サッカー市民球団 VONDS ICHIHARA 選手紹介 vol.6

新井良太(MF)
背番号11
「茨城県土浦市出身で、20歳の時にジェフ市原アマチュアに入団。そこから今の前身のチーム、サイ市原を経てボンズ市原へ。なので、市原で青春を過ごしました!(笑)20代前半はサッカーをやるために、アルバイトをして生計を立てていましたが、現在は縁もあって消防設備士の仕事を。火災報知器や消化器などの点検・工事をしています。趣味はウインタースポーツ、音楽鑑賞、ウィンドウショッピング。現在の目標は、チームをJFL、そしてJ3に昇格させること!市原で社会人サッカーをやってきて、このような高い目標を掲げるチームに身を置き、サッカーができること、サッカーでチームに貢献できることにとても幸せを感じています。ゼットエーオリプリスタジアムをボンズのホームカラーである緑色で埋め尽くしたいので、ぜひ足を運んでください。これからも応援よろしくお願いします!」

三上雄亮(DF)
背番号19
「出身は長柄町という市原市の隣に位置する、緑のとても多い住みやすい町です。ただ一つ欠点があるとすれば、最寄り駅が五井駅で、自宅から車で30分かかるところ(笑)。前所属は千葉敬愛高校サッカー部。ボンズには創設時から在籍しており、今年で4年目になります。茂原市にある、わかしお農業共済組合で農家さんを対象にした保険の仕事をしています。家族構成は祖父、両親、兄、姉、妹、自分の6人家族です。市原でお気に入りの店は、八幡宿駅前にある餃子屋さん。中学生の頃から八幡宿に行く時は、いつも食べていました!現時点での目標は、チームがJFLに昇格できるように、少しでも貢献すること!千葉県リーグの頃から戦っている、このチームでJFLに上がりたいです!気持ちの入った熱い試合をしますので、ぜひ、試合会場に足を運んでもらい、応援をよろしくお願いします!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る