サッカー市民球団 VONDS ICHIHARA 選手紹介 vol.6

新井良太(MF)
背番号11
「茨城県土浦市出身で、20歳の時にジェフ市原アマチュアに入団。そこから今の前身のチーム、サイ市原を経てボンズ市原へ。なので、市原で青春を過ごしました!(笑)20代前半はサッカーをやるために、アルバイトをして生計を立てていましたが、現在は縁もあって消防設備士の仕事を。火災報知器や消化器などの点検・工事をしています。趣味はウインタースポーツ、音楽鑑賞、ウィンドウショッピング。現在の目標は、チームをJFL、そしてJ3に昇格させること!市原で社会人サッカーをやってきて、このような高い目標を掲げるチームに身を置き、サッカーができること、サッカーでチームに貢献できることにとても幸せを感じています。ゼットエーオリプリスタジアムをボンズのホームカラーである緑色で埋め尽くしたいので、ぜひ足を運んでください。これからも応援よろしくお願いします!」

三上雄亮(DF)
背番号19
「出身は長柄町という市原市の隣に位置する、緑のとても多い住みやすい町です。ただ一つ欠点があるとすれば、最寄り駅が五井駅で、自宅から車で30分かかるところ(笑)。前所属は千葉敬愛高校サッカー部。ボンズには創設時から在籍しており、今年で4年目になります。茂原市にある、わかしお農業共済組合で農家さんを対象にした保険の仕事をしています。家族構成は祖父、両親、兄、姉、妹、自分の6人家族です。市原でお気に入りの店は、八幡宿駅前にある餃子屋さん。中学生の頃から八幡宿に行く時は、いつも食べていました!現時点での目標は、チームがJFLに昇格できるように、少しでも貢献すること!千葉県リーグの頃から戦っている、このチームでJFLに上がりたいです!気持ちの入った熱い試合をしますので、ぜひ、試合会場に足を運んでもらい、応援をよろしくお願いします!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る