サッカー市民球団 VONDS ICHIHARA 選手紹介 vol.6

新井良太(MF)
背番号11
「茨城県土浦市出身で、20歳の時にジェフ市原アマチュアに入団。そこから今の前身のチーム、サイ市原を経てボンズ市原へ。なので、市原で青春を過ごしました!(笑)20代前半はサッカーをやるために、アルバイトをして生計を立てていましたが、現在は縁もあって消防設備士の仕事を。火災報知器や消化器などの点検・工事をしています。趣味はウインタースポーツ、音楽鑑賞、ウィンドウショッピング。現在の目標は、チームをJFL、そしてJ3に昇格させること!市原で社会人サッカーをやってきて、このような高い目標を掲げるチームに身を置き、サッカーができること、サッカーでチームに貢献できることにとても幸せを感じています。ゼットエーオリプリスタジアムをボンズのホームカラーである緑色で埋め尽くしたいので、ぜひ足を運んでください。これからも応援よろしくお願いします!」

三上雄亮(DF)
背番号19
「出身は長柄町という市原市の隣に位置する、緑のとても多い住みやすい町です。ただ一つ欠点があるとすれば、最寄り駅が五井駅で、自宅から車で30分かかるところ(笑)。前所属は千葉敬愛高校サッカー部。ボンズには創設時から在籍しており、今年で4年目になります。茂原市にある、わかしお農業共済組合で農家さんを対象にした保険の仕事をしています。家族構成は祖父、両親、兄、姉、妹、自分の6人家族です。市原でお気に入りの店は、八幡宿駅前にある餃子屋さん。中学生の頃から八幡宿に行く時は、いつも食べていました!現時点での目標は、チームがJFLに昇格できるように、少しでも貢献すること!千葉県リーグの頃から戦っている、このチームでJFLに上がりたいです!気持ちの入った熱い試合をしますので、ぜひ、試合会場に足を運んでもらい、応援をよろしくお願いします!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る