サッカー市民球団 VONDS ICHIHARA 選手紹介 vol.6

新井良太(MF)
背番号11
「茨城県土浦市出身で、20歳の時にジェフ市原アマチュアに入団。そこから今の前身のチーム、サイ市原を経てボンズ市原へ。なので、市原で青春を過ごしました!(笑)20代前半はサッカーをやるために、アルバイトをして生計を立てていましたが、現在は縁もあって消防設備士の仕事を。火災報知器や消化器などの点検・工事をしています。趣味はウインタースポーツ、音楽鑑賞、ウィンドウショッピング。現在の目標は、チームをJFL、そしてJ3に昇格させること!市原で社会人サッカーをやってきて、このような高い目標を掲げるチームに身を置き、サッカーができること、サッカーでチームに貢献できることにとても幸せを感じています。ゼットエーオリプリスタジアムをボンズのホームカラーである緑色で埋め尽くしたいので、ぜひ足を運んでください。これからも応援よろしくお願いします!」

三上雄亮(DF)
背番号19
「出身は長柄町という市原市の隣に位置する、緑のとても多い住みやすい町です。ただ一つ欠点があるとすれば、最寄り駅が五井駅で、自宅から車で30分かかるところ(笑)。前所属は千葉敬愛高校サッカー部。ボンズには創設時から在籍しており、今年で4年目になります。茂原市にある、わかしお農業共済組合で農家さんを対象にした保険の仕事をしています。家族構成は祖父、両親、兄、姉、妹、自分の6人家族です。市原でお気に入りの店は、八幡宿駅前にある餃子屋さん。中学生の頃から八幡宿に行く時は、いつも食べていました!現時点での目標は、チームがJFLに昇格できるように、少しでも貢献すること!千葉県リーグの頃から戦っている、このチームでJFLに上がりたいです!気持ちの入った熱い試合をしますので、ぜひ、試合会場に足を運んでもらい、応援をよろしくお願いします!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る