みんなで子育て

みんなで子育て
好奇心の行方 松山知子

 子どもと一緒にいて、それまで見過ごしていたようなことに、「わー、すごい!何これ?」とか「どうして?」と驚いたり、感心したりすることって結構ありませんか? 水遊びの時の虹、シャボン玉の不思議な色、生き物、空の変化、「そういえば不思議だな」と思う様々なこと。子どもの行動ペースに合わせたから気づくことや、一緒だからこそ体験出来ること、子どもが教えてくれること…。
 育児って、実は大人にとって「好奇心の再発見」であり、「小さな感動体験」があちこちにちりばめられた宝の山を巡る旅なのかもしれません。「なぜなに」のお年頃は厄介だけど、一緒に調べると面白いことも沢山あって、子供そっちのけで親が夢中になったり、世界が広がったり、ということもあります。 理系の教室を主人と運営しているのですが、「私が受けたい位です」と言う保護者の方が結構います。子供を通して好奇心が刺激されるのと、大人になったからこそ分かる「学びの面白さ」を再体験したい、ということではないかしらと思います。
 絵本もドキドキワクワク、好奇心の宝庫で、子どもの頃に読んだ絵本との再会は懐かしく嬉しいし、子どもが好きになってくれれば、嬉しさ倍増です。最近は科学絵本が充実していて、ものの色々な見方、捉え方を考えるきっかけとなるものも多々あります。 とはいえ、正直、面倒だなと思うタイミングでの「お母さん、見て見て」攻撃や、「絵本読んで」攻撃には参ることもしばしばです。けれど、こういう時期も実はあっという間だということを1人目育児で実感しているので、今をなるべく楽しまねば!という、「もったいながり」のような部分もあります。今の経験が、今後に活きるといいなという思いもありつつ。ともあれ、子どもと一緒に、色々なことを体験して、好奇心を共有したい。そうすれば、きっともっと、ずっと楽しい。そんなことを考えている今日この頃です。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る