ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
有用な嫌われものクズ

 暑いさなか、空地の草刈りが行われていた。刈られた後に通り過ぎると、風の吹き抜ける爽快感がある。風を遮っていたのは、皆から嫌われるクズの大きな葉であった。
 クズは、山野どこにでも生えるつる性の多年草で、行く手を遮るものを容赦なく乗り越え、網の目のように絡み合い、凄まじい勢いで拡がる。垣根や手すりの隙間を埋め尽くし、生け垣を跨ぎ、電信柱や高い植木にも這い上がる。つるから突き出た大きな葉は、すべてを覆い尽くし風さえも遮ってしまう。根本を刈り取っても、覆いかぶさったつるを取り除くのが大がかりなので嫌われる野草だ。
 刈らずに放置すると、やがて葉裏に隠れるかのように花が咲き、甘い蜜の香りが漂う。大きさ2センチぐらいの蝶形花が総状にたくさんつき、下から上へ順に開く。花の色は赤紫。上の大きな旗弁(きべん)の付け根には、昆虫に蜜のありかを教える蜜標(みつひょう)という黄色いマークがある。
 近年の嫌われ野草の一つである一方、古くから親しまれた有用な野草でもある。強靭なつるからは荷縛りの紐や民具、つるの繊維からは葛布(くずふ)という生地、乾燥した根からは葛根湯、根のデンプン質からは葛粉、葉からは家畜飼料など。万葉集には17首も詠まれ、秋の七草のひとつでもある。
 市原でも針金やロープが無かったり高価であった時代は、荷を縛るときの身近な材料であったし、いまでも葛根湯で風邪を治す人も多いと思う。有用であるにもかかわらず、嫌われものとして定着してしまうのはとてもかわいそうだ。
 自然が豊かであれば、そういう野草もあるということだが、いつかまた見直される時が来るまで絶滅しないで残っていてほしいと願う。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る