ハワイアン気分を満喫

ハワイアン気分を満喫

 6月13日(木)、千種コミュニティセンターが主催したウクレレ教室に9人の受講者が参加した。講座は全4回の第1回目で、初心者を対象としたもの。講師の井上恵子さんが、「ウクレレはハワイの楽器。私は以前からフラダンスをやっていて、その曲が弾けたらいいなと思って始めたのがきっかけ。みなさんも基本が出来ていると後で楽なので、しっかりと身につけましょう」と明るく話しながらスタート。
 まずは調弦から。音を出しながら探っていく、調弦機を使う、ピアノの音に合わせてみるなど方法は色々だ。音が整ったところで、ウクレレを持つ姿勢へ。「慣れるまではウクレレが下に向いたり右へ寄ったりするけれど、背筋を伸ばしてしっかりと腕で支えること」と指導しながら一人一人をチェックして回る。「買ったばかりで音が出すたびに違う」、「10年も前にハワイで買った。本を買って独学で弾いてみたこともあるけど、ほとんど宝の持ち腐れだった」など受講者達はお互いについても話しながら音を出していく。
 初めはGコードの音を出す練習。弦を押さえ続けると「指がつってしまいそう」と声を上げる参加者達。D7コードやCコードも覚え、数人ごとに音を確かめるテストも行う。そして、『カエルのうた』や『メリーさんの羊』などを音に合わせて歌いあげて満足げな表情。井上さんは、「ウクレレは4弦で完結していて、一人でも楽しめる楽器。たくさん弾くことで弦が安定する。10~15分でいいので毎日練習していきましょう」と締め、楽しい雰囲気で第1回が終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る