手話ダンスで身も心もハッピーに

手話ダンスで身も心もハッピーに

 お揃いの赤いTシャツで楽しそうに踊るのはサークル『手話ダンスもみじ』の皆さん。日本手話ダンスクラブ指導員である彦坂昭子さん(78)を講師に国分寺公民館で毎月第1・3水曜日に活動している。30年ほど前に、聴覚障がいの人にも歌や踊りを楽しんでもらえるようにと川崎市在住の西沢祐さんが考案したのが手話ダンス。
 メロディと歌詞を覚えてから歌詞に合わせて振り付けた手話を練習し、足でステップを踏み、さらに顔や動きに表情をつける。『小さな世界』、『四季の歌』、『花は咲く』など曲のジャンルは様々。彦坂さんは西沢さんに師事し、きちんとした手話としなやかな手つき、きれいに見える動きにこだわった指導を行っている。10名のメンバーは健常者ばかりだが、耳が不自由な人はボディタッチなどによる合図で拍子をとるところから始め、身体でリズムが刻めるようになるという。
 年に数回ある発表会に向けて、和気あいあいと練習に励む皆さん。笑いの絶えない明るい雰囲気が『手話ダンスもみじ』のいいところ。「心が豊かになって、優しい気持ちになれますよ」と彦坂さん。メンバーの女性は「いつまでも若くいられますよ。一緒に踊って下さるメンバーを募集中です。是非、耳が不自由な方に参加してほしいです」と話す。

問合せ 中野しずえさん 
TEL 0436・43・0785

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る