手話ダンスで身も心もハッピーに

手話ダンスで身も心もハッピーに

 お揃いの赤いTシャツで楽しそうに踊るのはサークル『手話ダンスもみじ』の皆さん。日本手話ダンスクラブ指導員である彦坂昭子さん(78)を講師に国分寺公民館で毎月第1・3水曜日に活動している。30年ほど前に、聴覚障がいの人にも歌や踊りを楽しんでもらえるようにと川崎市在住の西沢祐さんが考案したのが手話ダンス。
 メロディと歌詞を覚えてから歌詞に合わせて振り付けた手話を練習し、足でステップを踏み、さらに顔や動きに表情をつける。『小さな世界』、『四季の歌』、『花は咲く』など曲のジャンルは様々。彦坂さんは西沢さんに師事し、きちんとした手話としなやかな手つき、きれいに見える動きにこだわった指導を行っている。10名のメンバーは健常者ばかりだが、耳が不自由な人はボディタッチなどによる合図で拍子をとるところから始め、身体でリズムが刻めるようになるという。
 年に数回ある発表会に向けて、和気あいあいと練習に励む皆さん。笑いの絶えない明るい雰囲気が『手話ダンスもみじ』のいいところ。「心が豊かになって、優しい気持ちになれますよ」と彦坂さん。メンバーの女性は「いつまでも若くいられますよ。一緒に踊って下さるメンバーを募集中です。是非、耳が不自由な方に参加してほしいです」と話す。

問合せ 中野しずえさん 
TEL 0436・43・0785

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る