体協通信 スナッグゴルフ協会のあゆみ

体協通信
スナッグゴルフ協会のあゆみ
市原市スナッグゴルフ協会

 スナッグとは「くっつく」「はじめに」という意味がある。
 子どもでも初心者でもスナッグをプレー・練習することにより、「楽しく」「正しく」「ゴルフの基本」を習得することができ、ゴルフという生涯スポーツを家族3世代で楽しめる。地域社会の教育・健康・福祉に貢献することができるスポーツである。
 スナッグゴルフ協会創設のきっかけは、市原市立牛久小学校に、日本スナッグゴルフ協会よりスナッグゴルフ10セットが寄付されたことだった。これを受け、平成19年1月21日(日)ロッテ皆吉台カントリークラブにおいて、第1回スナッグゴルフ指導者講習会が行われた(牛久小学校PTAを中心に30名が参加)。
 同年4月1日に協会創設。石井健(現市原市スナッグゴルフ協会会長)が市原市スナッグゴルフ協会を会員13名で立ち上げ、第1回ゴルフ大会を実施した。
 平成20年度からは本格的に活動を始め、指導者講習会や市レクリエーション協会と一緒にスナッグゴルフの体験教室を実施する。平成21年度~25年度は、スナッグゴルフ協会独自で体験教室を実施。また、年間6回に渡ってスナッグゴルフ大会を実施し、今では年間1300名の参加を得ている。平成24年に全国で初めて体育協会に加入し、公益財団法人市原市体育協会の参加団体として現在に至っている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る