スマートフォンは便利で簡単、楽しいよ!

スマートフォンは便利で簡単、楽しいよ!

 スマートフォン…興味はあるけど使いこなせるかな?そんな不安を解消してくれる『スマホ体験教室』が8月初めに加茂公民館で行われた。一人一人にスマートフォンを貸し出し、スクリーンを使いながら楽しく説明するのはKDDI株式会社・CSR・環境推進室マネージャーの山形豊さん。
 そもそもスマートフォンと携帯電話の違いって?初歩的な疑問を解くところからスタート。「携帯電話のメイン機能が電話とメールなのに対し、スマートフォンは小さなパソコン。電話とメール機能はおまけです」。初心者が難しいと感じるタッチパネル。ATMや券売機のタッチパネルがディスプレイを押す圧力に反応するのに対し、スマートフォンは指が触れたときの電気によって反応するので、指の腹ではなく先を使い、やさしく丁寧にタッチすることがポイントだ。
「スマートフォンが楽しいのは好きなアプリを取り込み、自分専用にカスタマイズできるところ」と山形さんは話す。アプリとは「ある特定の目的のために設計されたソフトウェア」のこと。交通ルートを検索できるものからカメラ、LEDライト、ゲームまで種々のアプリがある。「旅行やお孫さんの運動会で写真を撮る。スーパーで料理のレシピを調べる。出先で映画の時間を調べる。あるいは災害時の緊急速報などスマートフォンには便利な機能がいっぱい。生活を豊かなものしてくれます」と山形さん。
「ちょうど携帯の買い替え時期。操作についていけたらスマホにしようかなと思い参加しました。とてもわかりやすかったです」、「2回目もあるといいですね」と参加者は満足した様子だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る