ノイズコンサートへようこそ

 いちはらアート×ミックス2017で旧里見小学校を会場に開催されていた『里見100人教頭学校キョンキョン』。5月4日(木)に行われた『ノイズ教頭』には約30名の生徒が集まり大盛況でスタート。ノイズ教頭の高安利明さんと開発好明さんによるLOW|TEC(ローテック)が教室に流れた。
 ローテックとは、直訳すると高度な科学技術ではないということ。開発さんは、「こんなの音楽ではないと思う物の音をみんなで楽しみましょう」と話す。準備されたのはオルガンやマイクなど音を奏でるに通常用いるものだけではない。発泡スチロールのお椀や扇風機、プラスチックのコップや爪楊枝など。
 それらを使用して出すノイズは、コップの包装の一部を回っている扇風機に当ててみたり、マイクにお椀をかぶせて爪楊枝で刺してみたりと一見驚く方法だ。だが、『サシュッ』、『ゴソゴソ』、『ドロドロ、シューッ』など色々な音を聞いていると、こんな擬音があったのだと小さな発見にもなる。
 また、同時に2つの音を出すだけで本来の音ではなく、汽笛やバイク音のように聞こえるなど不思議な現象も。都内から訪れた男女は、「言葉では表せない、直観的にくすぐられるような面白さがありました」と魅了された様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る