ノイズコンサートへようこそ

 いちはらアート×ミックス2017で旧里見小学校を会場に開催されていた『里見100人教頭学校キョンキョン』。5月4日(木)に行われた『ノイズ教頭』には約30名の生徒が集まり大盛況でスタート。ノイズ教頭の高安利明さんと開発好明さんによるLOW|TEC(ローテック)が教室に流れた。
 ローテックとは、直訳すると高度な科学技術ではないということ。開発さんは、「こんなの音楽ではないと思う物の音をみんなで楽しみましょう」と話す。準備されたのはオルガンやマイクなど音を奏でるに通常用いるものだけではない。発泡スチロールのお椀や扇風機、プラスチックのコップや爪楊枝など。
 それらを使用して出すノイズは、コップの包装の一部を回っている扇風機に当ててみたり、マイクにお椀をかぶせて爪楊枝で刺してみたりと一見驚く方法だ。だが、『サシュッ』、『ゴソゴソ』、『ドロドロ、シューッ』など色々な音を聞いていると、こんな擬音があったのだと小さな発見にもなる。
 また、同時に2つの音を出すだけで本来の音ではなく、汽笛やバイク音のように聞こえるなど不思議な現象も。都内から訪れた男女は、「言葉では表せない、直観的にくすぐられるような面白さがありました」と魅了された様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る