ノイズコンサートへようこそ

 いちはらアート×ミックス2017で旧里見小学校を会場に開催されていた『里見100人教頭学校キョンキョン』。5月4日(木)に行われた『ノイズ教頭』には約30名の生徒が集まり大盛況でスタート。ノイズ教頭の高安利明さんと開発好明さんによるLOW|TEC(ローテック)が教室に流れた。
 ローテックとは、直訳すると高度な科学技術ではないということ。開発さんは、「こんなの音楽ではないと思う物の音をみんなで楽しみましょう」と話す。準備されたのはオルガンやマイクなど音を奏でるに通常用いるものだけではない。発泡スチロールのお椀や扇風機、プラスチックのコップや爪楊枝など。
 それらを使用して出すノイズは、コップの包装の一部を回っている扇風機に当ててみたり、マイクにお椀をかぶせて爪楊枝で刺してみたりと一見驚く方法だ。だが、『サシュッ』、『ゴソゴソ』、『ドロドロ、シューッ』など色々な音を聞いていると、こんな擬音があったのだと小さな発見にもなる。
 また、同時に2つの音を出すだけで本来の音ではなく、汽笛やバイク音のように聞こえるなど不思議な現象も。都内から訪れた男女は、「言葉では表せない、直観的にくすぐられるような面白さがありました」と魅了された様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る