ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
不思議な産卵をするトンボ
オオアオイトトンボ

 秋遅くまで飛び回るオオアオイトトンボ。緑色の金属光沢があり、日光に当たるとキラキラと美しく輝くトンボです。体長は、40から50ミリと一般のイトトンボの仲間よりもふた周りほど大きく、ふわふわと飛びます。羽を広げて停まる姿も、閉じて停まるイトトンボと異なります。実は、分類上はイトトンボの仲間ではないのです。
 6月中旬頃羽化し、夏の間は森林の奥にひっそりと潜み、秋深くなると水辺に戻り産卵します。オスは産卵期になると腹の先端に白い粉を吹きます。産卵する場所にも大きな特徴があり、多くのトンボが川や池の水、あるいは水辺や水中の水草に産卵するのに対し、このトンボは、何と樹木の樹皮に産卵します。
 樹木と言っても、池や沼などの水面に張り出した生きている枝に限られます。樹皮内部に産み付けられた卵は、そのままの状態で越冬し、春になると、孵化して、幼虫が真下の水面に落下するのです。その後、幼虫(ヤゴ)は羽化する6月中旬頃迄、水生生活をします。
 しかしながら、私が観察をして驚いたのは、樹木の下に水がない状態で産卵する様子をみたことです。そこは水田で、産卵時の秋には水はないのですが、翌年の春には水が貯められているところです。事実、5月にその水田で多くのヤゴを確認しました。このトンボは、水が張られることを知っているのでしょうか? 実に不思議です。
 平地から山地の樹木に囲まれた池沼周辺で比較的容易に観察できます。産卵は、午後活発になります。多くの連結したトンボ達が、森の中からふわふわと水辺の樹木に飛んできて、日光を浴びながらキラキラと集団で産卵する壮観な様子を、ぜひ観察してみてください。
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る