ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
不思議な産卵をするトンボ
オオアオイトトンボ

 秋遅くまで飛び回るオオアオイトトンボ。緑色の金属光沢があり、日光に当たるとキラキラと美しく輝くトンボです。体長は、40から50ミリと一般のイトトンボの仲間よりもふた周りほど大きく、ふわふわと飛びます。羽を広げて停まる姿も、閉じて停まるイトトンボと異なります。実は、分類上はイトトンボの仲間ではないのです。
 6月中旬頃羽化し、夏の間は森林の奥にひっそりと潜み、秋深くなると水辺に戻り産卵します。オスは産卵期になると腹の先端に白い粉を吹きます。産卵する場所にも大きな特徴があり、多くのトンボが川や池の水、あるいは水辺や水中の水草に産卵するのに対し、このトンボは、何と樹木の樹皮に産卵します。
 樹木と言っても、池や沼などの水面に張り出した生きている枝に限られます。樹皮内部に産み付けられた卵は、そのままの状態で越冬し、春になると、孵化して、幼虫が真下の水面に落下するのです。その後、幼虫(ヤゴ)は羽化する6月中旬頃迄、水生生活をします。
 しかしながら、私が観察をして驚いたのは、樹木の下に水がない状態で産卵する様子をみたことです。そこは水田で、産卵時の秋には水はないのですが、翌年の春には水が貯められているところです。事実、5月にその水田で多くのヤゴを確認しました。このトンボは、水が張られることを知っているのでしょうか? 実に不思議です。
 平地から山地の樹木に囲まれた池沼周辺で比較的容易に観察できます。産卵は、午後活発になります。多くの連結したトンボ達が、森の中からふわふわと水辺の樹木に飛んできて、日光を浴びながらキラキラと集団で産卵する壮観な様子を、ぜひ観察してみてください。
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…
  2. ◇地域の防犯に、移動交番の活用を  安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警…
  3. ミリオンセラーの「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」など、数々のヒット曲を生み出した森山良子が3月5日(木)(午後4時開演…
  4. 今年で設立34年目を迎える『市原市なぎなた連盟』は、市内3カ所の体育館を拠点に活動中だ。昭和63年5月、市原市社会体育課主催の家庭婦人を対象…
  5. 実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の…
  6. RUN伴(らんとも)は、認知症の人や家族、医療福祉関係者、認知症の人と接点がない地域住民のみんなでタスキを繋いで、北海道から沖縄まで日本全国…
  7. 市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全…
  8. 毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアー…
  9. 春の息吹を感じながらも、まだ陽当たりが良い所を選んで散歩をする。陽だまりの野草を見ると、大きさ7ミリぐらいの白い花が見られるようになった。…
  10. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

ピックアップ記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~21時 市原市立五井中学校 幅広い年齢層のメンバーが、よさこいを通じてひとつになれる!…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る