ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
不思議な産卵をするトンボ
オオアオイトトンボ

 秋遅くまで飛び回るオオアオイトトンボ。緑色の金属光沢があり、日光に当たるとキラキラと美しく輝くトンボです。体長は、40から50ミリと一般のイトトンボの仲間よりもふた周りほど大きく、ふわふわと飛びます。羽を広げて停まる姿も、閉じて停まるイトトンボと異なります。実は、分類上はイトトンボの仲間ではないのです。
 6月中旬頃羽化し、夏の間は森林の奥にひっそりと潜み、秋深くなると水辺に戻り産卵します。オスは産卵期になると腹の先端に白い粉を吹きます。産卵する場所にも大きな特徴があり、多くのトンボが川や池の水、あるいは水辺や水中の水草に産卵するのに対し、このトンボは、何と樹木の樹皮に産卵します。
 樹木と言っても、池や沼などの水面に張り出した生きている枝に限られます。樹皮内部に産み付けられた卵は、そのままの状態で越冬し、春になると、孵化して、幼虫が真下の水面に落下するのです。その後、幼虫(ヤゴ)は羽化する6月中旬頃迄、水生生活をします。
 しかしながら、私が観察をして驚いたのは、樹木の下に水がない状態で産卵する様子をみたことです。そこは水田で、産卵時の秋には水はないのですが、翌年の春には水が貯められているところです。事実、5月にその水田で多くのヤゴを確認しました。このトンボは、水が張られることを知っているのでしょうか? 実に不思議です。
 平地から山地の樹木に囲まれた池沼周辺で比較的容易に観察できます。産卵は、午後活発になります。多くの連結したトンボ達が、森の中からふわふわと水辺の樹木に飛んできて、日光を浴びながらキラキラと集団で産卵する壮観な様子を、ぜひ観察してみてください。
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る