調合した花々と季節をともに過ごす

調合した花々と季節をともに過ごす
アメリカンフラワー作家 高山 定子さん

 クリスタルな輝きを放ち、造花とは思えないほど繊細な花びらをもつ『アメリカンフラワー』をご存じだろうか。アメリカンフラワー作家である高山定子さん(57)は創作を始めてから15年以上が経った。「一番下の子どもが幼稚園に入り少し手が離れた頃、友達とショッピングモール内で行われていたカルチャー講座に参加したのがきっかけだった。4、5年は教科書に添って学び、その後自分の趣味として独自に製作している。小さい頃から、細かいものや何かを作るのが好きだった。中学校で手芸クラブに在籍していた時に一度アメリカンフラワーに触れた経験があり、ずっと興味はあった」と話す高山さん。
 専用の液にワイヤーを沈めて葉を手早く作っていく目は真剣そのものだ。アメリカンフラワーとは、細いワイヤーをゲージと呼ばれる円筒を使って適当な大きさの輪に作り、アクリル樹脂のディップ液に浸し膜を張ることで色を付ける。膜が乾くのに15分ほど。花びらは中心から外側に向けてテープを使い貼り付けていく。仕上げに強化剤であるストレンスナーに潜らせ完成だ。だが、一見簡単そうに見えても「液は空気に触れることで少しずつ固まっていく。薄め液を入れて緩くしすぎると膜が破れやすくなることもある。
 また色々なバリエーションを出すためにスプレーを使ったり、ビーズを振りつけることでリアルさを出すなど加工もしている。ワイヤーもシルバー、ゴールドと白があり花によってはワイヤーの色をそのまま残すことでより映えるものもある」という。気候にも左右されやすく、湿気が多いと乾きにくい。状態に変化がでやすい繊細という部分においては生け花そのもの。だが、自身で調合することで色の変化が起こり、ワイヤーで形を独自に工夫したりと、同じ物が出来上がらないこその物作りの楽しさがあるのは確かである。
 バラ、あじさい、シクラメン、チューリップと色々な種類の花を手がけてきた高山さんが最も嬉しかったのは、「私の作品を手にとって本当に喜んでもらえた時」であるという。確かに、枯れることのないリアルな花はプレゼントとしても最適であろう。レインボー色に染められたバラも独特の雰囲気を放っている。初めてアメリカンフラワーを見れば、可憐な花びらに思わず触れたくて手を伸ばしてしまうに違いない。
「作品は辰巳台にあるギャラリー四季で販売を行い、注文も受け付けています。また同ギャラリーでは月に1回教室も開いています。普段、私はまとめて花を5、6輪作るけれど、教室では大体2時間くらいで1本を製作。季節に合わせて花を変えたり、アレンジして小さめのものにしたり。私の好きな色はアジサイの紫、水色、ピンクなどで好みによって作る頻度は増えたりもするかな。でも同じバラでも種類を変えるだけで楽しい。手先の器用さに関係なく、みなさん上手に作られます」と高山さんは続ける。
 そして、「自分で始めるには、最初の段階で少し必要経費がかかる。買ったからこそすべて使い切ろうとしている間に私は15年が経ってしまった」と朗らかに笑う高山さんだが製作上で困難を覚えたこともある。「手間のかかる作業のため、家の中に数日間広げっぱなしになることもあるし、ディップ液はシンナー臭さを持つのでニオイにも気を遣った。仕上げのスプレーやストレンスナーは屋外でやらないと特にニオイがきついので冬場は本当に寒い。また作品のなかでも、お正月用にとても大きなカトレアを製作したことがあるが、ワイヤーが複雑で大変だったのを今でも忘れない」という。
 だが、高山さんのアメリカンフラワー製作における花への想いが途切れることはない。「講習で習っていた時は、展示会があって自然と提出する機会があったが、自分でやっているとなかなか挑戦する暇もない。でも、最近は大きな花器を使ってたくさんの花々を生けてみたい、つまり華道の造花版みたいなものをやりたいと考えている。それに桜が大好きなので、作りたいと思う。量がかなり必要だし大変だろうけど、挑戦したいことがたくさんある」と瞳を輝かせた。

問合せ ギャラリー四季
TEL 0436・98・4133

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る