窓際の男

窓際の男
文と絵 山口高弘

 喫茶店は満員でした。それも高校生ばかり。坊主頭の一団が、鏡が気になる女子高生が、教え合ったり、質問したりして勉強している。「やべえ、分かんねえ」「今日は徹夜だな」そうか定期試験が近いのか。ようやく窓際の席を見つけ、僕は高校生に挟まれて座りました。英会話の本を広げ、『オリンピック会場はあちらです』なんて会話を想像します。
 左隣りの女子高生がこちらを気にしている。女友達と会話しながらチラと見てくる。まさか僕…いやいや、僕の右隣りの男子高生を、か。窓際で静かに国語を勉強している、前髪の垂れた美少年。恋心の間に座っちゃったか。申し訳ないな。ただ、少年少女よ、友達と勉強しても気が散るばかりだぞ。僕は、自分が大学の頃のテスト前を思い出しました。
 少し肌寒い夜でした。僕と4人の男女が集まって、イタリア語の試験勉強…を始めるわけがない。クラスメイトのお嬢様が京都弁で話すたび、京都弁ええなあ、グラッチェ!と男は盛り上がるし、音楽はかけっぱなしで、夜更けに部屋の主がようやく、「よし!」と意を決したかと思えば、「ギター弾こう。歌うぞ」
 そんな夜も明けて何も頭に入らずに、皆で外の公園に出たら、見事な朝焼けでした。そこは高台の公園で、眼下の住宅街はまるで金色。やがて朝日が顔を出して、ジャングルジムの隙間を一つ一つ昇っていきました。「大丈夫、いいことある」なぜだか分からないけれど、僕はその時思いました。
 で、テストの結果はどうだったんだっけ?覚えていない。京都のお嬢様は一番の成績だった。そう、いつだって女の子の方が現実的で、ぬかりないのです。僕は喫茶店の窓際の席を立ちました。帰る時、左隣りの女子高生の声がしました。「やっと空いたよ。これで荷物が置ける」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る