窓際の男

窓際の男
文と絵 山口高弘

 喫茶店は満員でした。それも高校生ばかり。坊主頭の一団が、鏡が気になる女子高生が、教え合ったり、質問したりして勉強している。「やべえ、分かんねえ」「今日は徹夜だな」そうか定期試験が近いのか。ようやく窓際の席を見つけ、僕は高校生に挟まれて座りました。英会話の本を広げ、『オリンピック会場はあちらです』なんて会話を想像します。
 左隣りの女子高生がこちらを気にしている。女友達と会話しながらチラと見てくる。まさか僕…いやいや、僕の右隣りの男子高生を、か。窓際で静かに国語を勉強している、前髪の垂れた美少年。恋心の間に座っちゃったか。申し訳ないな。ただ、少年少女よ、友達と勉強しても気が散るばかりだぞ。僕は、自分が大学の頃のテスト前を思い出しました。
 少し肌寒い夜でした。僕と4人の男女が集まって、イタリア語の試験勉強…を始めるわけがない。クラスメイトのお嬢様が京都弁で話すたび、京都弁ええなあ、グラッチェ!と男は盛り上がるし、音楽はかけっぱなしで、夜更けに部屋の主がようやく、「よし!」と意を決したかと思えば、「ギター弾こう。歌うぞ」
 そんな夜も明けて何も頭に入らずに、皆で外の公園に出たら、見事な朝焼けでした。そこは高台の公園で、眼下の住宅街はまるで金色。やがて朝日が顔を出して、ジャングルジムの隙間を一つ一つ昇っていきました。「大丈夫、いいことある」なぜだか分からないけれど、僕はその時思いました。
 で、テストの結果はどうだったんだっけ?覚えていない。京都のお嬢様は一番の成績だった。そう、いつだって女の子の方が現実的で、ぬかりないのです。僕は喫茶店の窓際の席を立ちました。帰る時、左隣りの女子高生の声がしました。「やっと空いたよ。これで荷物が置ける」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る