育てる 育つ

育てる 育つ
遠山あき

 七十一歳になる娘から誕生祝いの絵手紙が届いた。九十五年も前の遠い遠い私の誕生日である。
「転んでも転んでも立ち上がれる娘に育ててくれてありがとう」 そして赤いダルマさんの絵が描いてある。起き上がり小法師の絵だ。じっと見つめて私は胸がつまった。「育ててくれて……」だと。
 この娘を育てる頃の私は自分が大家族の中で生きていくことに精一杯で、子供は丈夫で生きてさえいてくれればいいとしか思えなかった、足りない母親であった。子供は母親の慈しみがどんなに欲しかったろう。その求めにどれだけ応えてやれたろうか。淋しい時もあったろう、悲しい時もあったろう。そんな時、私は母親として恥ずかしいほど足りない人間だった。自分のことしか見えなかった。そんな母親の背を見つめながら子供はじっと耐えていたに違いない。だから子供はみんな強い子に育ってくれたと省みて、いつも申し訳ない思いに襲われる。
 特にこの長女は、そんな未完成な母親の私を、幼心で精一杯に庇ってくれたことさえあった。「育てた」のではなかった。そう「育って」くれたし、それからの厳しい人生を過ごす時、自らを自らの力で育ってきたのである。決して私の力で育てたのではなかった。
 娘は娘なりに様々な苦労に打ち勝って今まで生きた。まだまだ様々なことに遭遇するだろう。そうしてこれからも人間として育っていってくれるだろう。
「私が育てたのではありません。自らの力で育ってくれたのです」
 だるまさんの絵がにじんで、ぼやけていった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る