市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.23

増田捷人(ライト)(写真右)
姉崎中学校1年

「今ポニーにいる2歳違いの兄がやっていたので、小1から野球を始めました。ポニーに入ってまだ1年経たないけど、少しずつ上手くなっているのが実感できる。ライトは肩が強くないといけないから、キャッチボールの時なども意識して遠投するようにしている。早くAチームに上がりレギュラーになって活躍したい。家では早寝し、学校ではテニス部に入り走り込みして体力づくりに励んでいる。好きな野球選手は巨人の長野。守備が上手く足も速いし肩も強いから。いつも試合に来て応援してくれる両親と祖父に感謝しています」 (談)

渕上悠世(ライト)(写真左)
若葉中学校1年

「父が野球をやっていて、よくプロ野球観戦に連れていってくれたこともあって、小6から野球を始めました。ポニーではコーチがひとつひとつ丁寧に教えてくれるので、盗塁が上手くなったし打球の判断も良くなったと思う。練習はきついけど、やめたいと思ったことは一度もないです。学校では野球(軟式)部に入り走塁の練習を、家での自主トレはポニーのメニューの他、毎日父が素振りを教えてくれる。試合でいいプレーして両親が誉めてくれたのが嬉しかった。ずっと野球は続け、できれば野球関係の仕事に就きたい」    (談)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る