無線の魅力

 タクシー無線、ラジオなど電波を使った通信手段は日常的によく見かける。これを趣味として楽しんでいるのが『アマチュア無線』の愛好家たちだ。「携帯電話、インターネットなど便利で確実な通信手段がある中で敢えて不確実な無線というものを使って交信するところに楽しみがあります」と話すのはちはら台コミュニティセンターで活動を行っている『ちはら台アマチュア無線クラブ』代表の菊池千春さん。 
 10代から80代までの男女20名のクラブで毎月第2土曜日に活動中。今年で結成15年目。世界中の様々な国の人たちとも交信を通じて友達になれる。モールス信号や『Q符号』という無線用の略号は世界共通、現地の言葉を話せなくても国際交流を楽しむことができる。普段の活動は年に2回参加するコンテストについての話し合いが主だという。一定時間内にどれだけたくさんの局と交信できるかを競い合うコンテストに向けてどの機材・アンテナを使うか、それぞれの役割分担や交信を行う場所などを決める。見晴らしのいい高い場所が好条件だそう。
 2010年には日本アマチュア無線連盟主催のコンテストで全国4位になった。また、コミュニティセンターの文化祭などでは『モールス体験コーナー』など大人から子どもまで楽しめる企画やゲームを用意したり、地域での活動も行っている。無線が最も役に立つのは何と言っても災害時。無線の強みは天候に左右されないこと。電話がつながらない時、貴重な通信手段となり得ることから緊急時に無線を持っている人が市に情報提供したり、日頃から市とアマチュア無線クラブで防災訓練を行ったりもしている。メンバーの多くは市原市の非常時通信ボランティアに登録している。「クラブでは技術のノウハウを教え合ったり、同志の仲間と親睦を深めることができます。一緒に活動してくれるメンバーを募集中です」と菊池さん。アマチュア無線の免許が必要だが、受験相談にも応じてくれる。

問合せ 菊池千春さん
お問合せはこちら

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る