無線の魅力

 タクシー無線、ラジオなど電波を使った通信手段は日常的によく見かける。これを趣味として楽しんでいるのが『アマチュア無線』の愛好家たちだ。「携帯電話、インターネットなど便利で確実な通信手段がある中で敢えて不確実な無線というものを使って交信するところに楽しみがあります」と話すのはちはら台コミュニティセンターで活動を行っている『ちはら台アマチュア無線クラブ』代表の菊池千春さん。 
 10代から80代までの男女20名のクラブで毎月第2土曜日に活動中。今年で結成15年目。世界中の様々な国の人たちとも交信を通じて友達になれる。モールス信号や『Q符号』という無線用の略号は世界共通、現地の言葉を話せなくても国際交流を楽しむことができる。普段の活動は年に2回参加するコンテストについての話し合いが主だという。一定時間内にどれだけたくさんの局と交信できるかを競い合うコンテストに向けてどの機材・アンテナを使うか、それぞれの役割分担や交信を行う場所などを決める。見晴らしのいい高い場所が好条件だそう。
 2010年には日本アマチュア無線連盟主催のコンテストで全国4位になった。また、コミュニティセンターの文化祭などでは『モールス体験コーナー』など大人から子どもまで楽しめる企画やゲームを用意したり、地域での活動も行っている。無線が最も役に立つのは何と言っても災害時。無線の強みは天候に左右されないこと。電話がつながらない時、貴重な通信手段となり得ることから緊急時に無線を持っている人が市に情報提供したり、日頃から市とアマチュア無線クラブで防災訓練を行ったりもしている。メンバーの多くは市原市の非常時通信ボランティアに登録している。「クラブでは技術のノウハウを教え合ったり、同志の仲間と親睦を深めることができます。一緒に活動してくれるメンバーを募集中です」と菊池さん。アマチュア無線の免許が必要だが、受験相談にも応じてくれる。

問合せ 菊池千春さん
お問合せはこちら

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る