趣味の作品を地域で展示

 市内、旧青葉台郵便局跡にある『青葉台ふれあいサロン』では2月28日まで、有秋公民館で活動中のサークル『らくがき会』による水彩画と近隣に在住の八嶋とき子さんの貝殻を使った華やかな手工芸作品が展示されていた。
『らくがき会』は毎月第2・4日曜の9時から13時まで、講師の柴田稔彦さんと8名のメンバーで活動中。ほぼ初心者ばかりの集まりだったというが、デッサンから始め、有名画家の絵を模写したり旅行先での風景をスケッチ、あるいは写真に撮ったものを絵に仕上げたりしている。自分のペースで好きなようにという柴田さんの指導法のもと、淡い色使いの風景画や落ち着いた雰囲気の静物画など個性を生かした8点の作品が飾られている。「光と影の濃淡が個々の感性を表現し、奥深さを演出しています」とメンバーの藤渕さん。
 一方、山と海、花など自然が大好きだと語る八嶋さんの作品『海の薔薇』は北海道から九州まで全国各地の海岸で自ら拾い集めたホラガイ、サクラガイ、カキの殻などに絵の具で着色をしてバラに仕立てた豪華なもの。同作品に使われた貝は全部で500個余。塩出し、天日干しなどの下準備から始め、5年かけて作り上げたという。貝殻の他、身の周りにある木の実、かぼちゃの種などを素材に使ったオリジナル作品を作り続けている。
 子どもから高齢者まで世代を超えてふれあえる場づくりを目指し、4年前にスタートした『青葉台ふれあいサロン』は町会協議会など地元ボランティアの活動によって支えられている。「展示があると話題づくりにもなるし、場が活性化されます」と運営委員の男性。コーヒーを飲みながらゆっくりとおしゃべりができる他、ミニ文庫、映画上映(市視聴覚ライブラリー利用)やコンサートなどのイベントも開かれている。平均利用者は1日30人弱。取材した日も、本を借りに来たり展示品の横でお茶を飲みながら楽しそうに談笑する利用者の姿が見られた。
 コーヒー・お茶のサービスと地域の人からの提供品で実施しているバザーが運営資金の一部となっている。利用日時は月曜から土曜(祝祭日は除く)の10時から16時まで。「気軽にお立寄り下さい」とのこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る