房総往来

歌うエッセイスト 山里 吾郎

 先月上旬、千葉市のホテル・ミラマーレで新春コンサートが開かれた。新春と言うにはちょっと遅めだが、ある不思議な文化人の誕生日記念を兼ねていた▼酒井登志生さん。市原市新堀の出身で今は千葉市稲毛区に居住。名前を聞けば『あーぁ』とうなずく方も多かろう。ただ冒頭に「不思議な」と書いた通りちょっと正体不明なほど多面な顔を持った文化人だ▼最近はエッセイストや民話の発掘家。もともとは作詞・作曲から歌手、さらに舞台プロデューサーまでこなす音楽家として幅広く活躍。さらに私信のようなエッセーや、時折いただく手紙ではいつもどこかを病んでおられるのだが、実際にお会いすると元気人そのものに見受けられる「不思議な文化人」である▼そんな人だから正確な年齢など知るよしもなかったが、今回のコンサートは77歳、喜寿のお祝いとして酒井さんを慕う仲間が企画したものだった▼会場は最上の16階。山側には県庁、海側にはポートタワーと県都の顔が一望できる。約100人の招待客は美しい眺望を楽しみながら、ジャズの巨人・大原保人氏のピアノ演奏、世界3代テナー・秋山衛氏の美声に酔いしれる▼興がのってきところで酒井さんの出番。「気管支ポリープを患っている」と前置きしながら軽妙なトークとともに作詞作曲の「白い花」やシャンソンの「枯葉」など、お得意のナンバーを歌い上げた▼最後にハプニングがもう一つ。数カ月休載していた千葉日報へのエッセーが近く復活するという。タイトルは「房総人間劇場」。酒井さんの交遊録だが『自分も選ばれるかな』―勝手な期待を胸に楽しかった会場を後にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る