房総往来

歌うエッセイスト 山里 吾郎

 先月上旬、千葉市のホテル・ミラマーレで新春コンサートが開かれた。新春と言うにはちょっと遅めだが、ある不思議な文化人の誕生日記念を兼ねていた▼酒井登志生さん。市原市新堀の出身で今は千葉市稲毛区に居住。名前を聞けば『あーぁ』とうなずく方も多かろう。ただ冒頭に「不思議な」と書いた通りちょっと正体不明なほど多面な顔を持った文化人だ▼最近はエッセイストや民話の発掘家。もともとは作詞・作曲から歌手、さらに舞台プロデューサーまでこなす音楽家として幅広く活躍。さらに私信のようなエッセーや、時折いただく手紙ではいつもどこかを病んでおられるのだが、実際にお会いすると元気人そのものに見受けられる「不思議な文化人」である▼そんな人だから正確な年齢など知るよしもなかったが、今回のコンサートは77歳、喜寿のお祝いとして酒井さんを慕う仲間が企画したものだった▼会場は最上の16階。山側には県庁、海側にはポートタワーと県都の顔が一望できる。約100人の招待客は美しい眺望を楽しみながら、ジャズの巨人・大原保人氏のピアノ演奏、世界3代テナー・秋山衛氏の美声に酔いしれる▼興がのってきところで酒井さんの出番。「気管支ポリープを患っている」と前置きしながら軽妙なトークとともに作詞作曲の「白い花」やシャンソンの「枯葉」など、お得意のナンバーを歌い上げた▼最後にハプニングがもう一つ。数カ月休載していた千葉日報へのエッセーが近く復活するという。タイトルは「房総人間劇場」。酒井さんの交遊録だが『自分も選ばれるかな』―勝手な期待を胸に楽しかった会場を後にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る