房総往来

歌うエッセイスト 山里 吾郎

 先月上旬、千葉市のホテル・ミラマーレで新春コンサートが開かれた。新春と言うにはちょっと遅めだが、ある不思議な文化人の誕生日記念を兼ねていた▼酒井登志生さん。市原市新堀の出身で今は千葉市稲毛区に居住。名前を聞けば『あーぁ』とうなずく方も多かろう。ただ冒頭に「不思議な」と書いた通りちょっと正体不明なほど多面な顔を持った文化人だ▼最近はエッセイストや民話の発掘家。もともとは作詞・作曲から歌手、さらに舞台プロデューサーまでこなす音楽家として幅広く活躍。さらに私信のようなエッセーや、時折いただく手紙ではいつもどこかを病んでおられるのだが、実際にお会いすると元気人そのものに見受けられる「不思議な文化人」である▼そんな人だから正確な年齢など知るよしもなかったが、今回のコンサートは77歳、喜寿のお祝いとして酒井さんを慕う仲間が企画したものだった▼会場は最上の16階。山側には県庁、海側にはポートタワーと県都の顔が一望できる。約100人の招待客は美しい眺望を楽しみながら、ジャズの巨人・大原保人氏のピアノ演奏、世界3代テナー・秋山衛氏の美声に酔いしれる▼興がのってきところで酒井さんの出番。「気管支ポリープを患っている」と前置きしながら軽妙なトークとともに作詞作曲の「白い花」やシャンソンの「枯葉」など、お得意のナンバーを歌い上げた▼最後にハプニングがもう一つ。数カ月休載していた千葉日報へのエッセーが近く復活するという。タイトルは「房総人間劇場」。酒井さんの交遊録だが『自分も選ばれるかな』―勝手な期待を胸に楽しかった会場を後にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る