古民家に浮かぶ銀河

 『アートいちはら2016春』。アートハウスあそうばらの谷では鈴木ヒラク展が開催された。築100年以上の古民家をギャラリーとして活用しており、その一室、自然光が差し込む縁側の奥には光が散りばめられたような幻想的な作品が展示されていた。まるで未知なる時空へとつながる回路の入り口、あるいはポッカリと空いた宇宙への入り口のようだ。
 路上の交通標識や自転車などにも用いられる大小様々な反射板を直感的に配置し、銀河のイメージを作り上げたもの。外からの光によって生まれ浮遊する光の集合体は、明け方、晴天の昼間、太陽が沈みかけている夕方とで異なる表情を見せる。薄暗い室内で近寄って観るのもよし、縁側の向かいに置かれたベンチから眺めるのもよし。「写真撮影可。フラッシュをたいてお楽しみください」とある。「面白いですね。フラッシュをたくと新たな光が生まれ、その瞬間、自分も一緒に作品を作っているような気持ちになる」と来場していた男性。様々な角度から何度も写真をとる来場者も多かった。
 さわやかな風が吹き抜ける庭。ベンチに腰掛け、「風の音が心地いいね。動けなくなっちゃう」とまったりする人も。隣にあるJA市原市女性部によるカフェ『おもいでの家』も大盛況。倉庫を改造したという建物の内装は、木の梁と白い壁が明るい雰囲気。壁にはツルで編んだリースや植物が飾られており、古民家とともに心癒される空間となっている。料理はタケノコ、ヨモギ、ユキノシタなど7品目の天ぷらのほか、サトイモのごま味噌和えやワラビのショウガ醤油和えなどの小鉢も絶品だった。
 鈴木ヒラク展は来年行われる『いちはらアート×ミックス2017』でも同地で開催予定。古民家と新感覚作品のギャップをご堪能あれ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る