工作教室で『からくりおもちゃ』作りに挑戦!

 7月31日(木)、菊間コミュニティ・保健福祉センターで高学年夏休み工作教室『廃材で作るからくりおもちゃ』が開催され、小4から小6まで10名の子どもたちが集まった。講師はいちはらシルバー友の会のみなさん。今回作る『からくりおもちゃ』はカップ麺の発砲スチロール容器2個を使用し、中に使用済みの電池をセットする。紐を引けばペットのように可愛らしく動くおもちゃのこと。「低学年だと昔のおもちゃを使って遊ぶのがメインだが、高学年になると一緒に作れて面白い。黙々と考えながら手を動かす子を見ると、すごいなと思う」と同会メンバー。
 カップ麺の底をカッターでくり抜きキリで穴を開けたり、サランラップの芯に電池を入れて両サイドの筒端に両面クッションテープをつけたり。小さな穴に輪ゴムを通して、サランラップの芯にタコ糸を巻きつけたりと、求められるものは意外と細かく高度な作業!「セロハンテープを貼る時は垂直に。あとではずれると大変だよ」、「カッターは押しながら切るんだよ。引くと危ないよ」などの声に子どもたちも真剣な顔。最後にアンパンマンやふなっしーなど好きなキャラクターのイラストを貼って完成。「可愛くできたけど、大変だった」と子どもたち。個性の光る作品もあり、これで夏休みの宿題も1つ終わり!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る