工作教室で『からくりおもちゃ』作りに挑戦!

 7月31日(木)、菊間コミュニティ・保健福祉センターで高学年夏休み工作教室『廃材で作るからくりおもちゃ』が開催され、小4から小6まで10名の子どもたちが集まった。講師はいちはらシルバー友の会のみなさん。今回作る『からくりおもちゃ』はカップ麺の発砲スチロール容器2個を使用し、中に使用済みの電池をセットする。紐を引けばペットのように可愛らしく動くおもちゃのこと。「低学年だと昔のおもちゃを使って遊ぶのがメインだが、高学年になると一緒に作れて面白い。黙々と考えながら手を動かす子を見ると、すごいなと思う」と同会メンバー。
 カップ麺の底をカッターでくり抜きキリで穴を開けたり、サランラップの芯に電池を入れて両サイドの筒端に両面クッションテープをつけたり。小さな穴に輪ゴムを通して、サランラップの芯にタコ糸を巻きつけたりと、求められるものは意外と細かく高度な作業!「セロハンテープを貼る時は垂直に。あとではずれると大変だよ」、「カッターは押しながら切るんだよ。引くと危ないよ」などの声に子どもたちも真剣な顔。最後にアンパンマンやふなっしーなど好きなキャラクターのイラストを貼って完成。「可愛くできたけど、大変だった」と子どもたち。個性の光る作品もあり、これで夏休みの宿題も1つ終わり!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る