工作教室で『からくりおもちゃ』作りに挑戦!

 7月31日(木)、菊間コミュニティ・保健福祉センターで高学年夏休み工作教室『廃材で作るからくりおもちゃ』が開催され、小4から小6まで10名の子どもたちが集まった。講師はいちはらシルバー友の会のみなさん。今回作る『からくりおもちゃ』はカップ麺の発砲スチロール容器2個を使用し、中に使用済みの電池をセットする。紐を引けばペットのように可愛らしく動くおもちゃのこと。「低学年だと昔のおもちゃを使って遊ぶのがメインだが、高学年になると一緒に作れて面白い。黙々と考えながら手を動かす子を見ると、すごいなと思う」と同会メンバー。
 カップ麺の底をカッターでくり抜きキリで穴を開けたり、サランラップの芯に電池を入れて両サイドの筒端に両面クッションテープをつけたり。小さな穴に輪ゴムを通して、サランラップの芯にタコ糸を巻きつけたりと、求められるものは意外と細かく高度な作業!「セロハンテープを貼る時は垂直に。あとではずれると大変だよ」、「カッターは押しながら切るんだよ。引くと危ないよ」などの声に子どもたちも真剣な顔。最後にアンパンマンやふなっしーなど好きなキャラクターのイラストを貼って完成。「可愛くできたけど、大変だった」と子どもたち。個性の光る作品もあり、これで夏休みの宿題も1つ終わり!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る