英語で夢を語ってみない?

 昨秋、清和大学で開催された学校法人君津学園主催の『第15回中学生英語スピーチコンテスト』。当日は、県内から応募のあった30名の中から、原稿及び録音された音声による第一次審査を通過した8名が集った。出身中学校は袖ケ浦市や千葉市、南房総市など様々で、男子2名と女子6名が英語のスピーチで自身の想いを披露した。
 君津学園国際交流室の木嶋勇一さんは、「15年続けることで格段にレベルもアップしています。審査では発音よりもスピーチの内容を重視しています」と話す。スピーチ内容は『自分を成長させる力』や『未来予想図』など自身の夢を語るものが多く、希望溢れる中学生の活力がよく表れていた。3分という短くも長い時間の中で、滑らかな発音だけでなく、時に意志の強さを体でも表現する。
 見事、最優秀賞を受賞したのは浦安市立富岡中学校2年の小田裕己さん。『小さな生き物と地球を救う』のタイトルで語られたのは、地球の環境問題について。「中1の時に授業で聞いて、興味を持ちました。ステージはとても緊張しましたが、3週間くらいみっちり練習したので、結果が出て嬉しいです。将来は科学者になって地球を救う取り組みをしたいですが、まずは来年もスピーチコンテストに出るのが目標です」と喜びを語った。
 また、審査結果を待つ間には英語のミニレッスンが行われるなど出場者同士が触れ合う機会も持たれた。世界へ羽ばたいていくであろう彼らにとって、英語は大切な第一歩なのかもしれない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る