千葉県のどまんなか!おへそ祭りで地元の良いとこ再発見!

9月14日(日)、長柄町大津倉の旧水上小学校で、『房総どまんなか おへそ祭りinながら』が開催された。主催の『おへそ祭りやらん会』広報の安田元子さんは、「昨年開催して大盛況だったので、今年はアンコールということで決定しました。参加してくれているワークショップや飲食店の方には長柄町に関係した人々が多いです。食材も長柄町で作ったものが入っているんです」と話す。
年々人口が減っている長柄町。小学校は各学年1クラスしかないなど少子化が進んでいる。旧水上小が閉校になったのは3年前。この日緑豊かな長柄町で、廃校を利用した祭りに少子化というのが嘘のように多くの子どもたちが集まった。
「ステージに出演してくれるバンドも地元のサークルだったり、役場のバンドだったり。確かに緑しかないけれど、町のみんなが楽しめるものをやりたかった」と安田さんは続ける。
木箱や乗り物を木片で作るワークショップでは、幼い子どもたちが真剣な眼差し、常に人が途絶えることがなかった。「去年は販売だけだったので、ワークショップをやってみてよかったです。手作りにチャレンジしてみるのは大切なこと」とワークショップ店主さん。たこ焼きやピザの香りが空腹をそそる中、ステージではオヤジバンドや子どもたちの空手演武が会場を盛り上げる。演奏の合間には、クジの抽選会があったり、長柄町に関する○×クイズが行われたりと常に来場者を飽きさせないタイムテーブルが組まれていた。
他にも、果物から栽培して作ったジャムや布・日用品のアフリカ雑貨もありお土産にはバツグン。特に注目を集めたのは『ブラックシアター』。ブラックシアターとは黒いパネル布に、蛍光絵の具を塗った絵を貼り、ブラックライトを当てながら物語を勧める芝居。真っ暗の部屋で浮かび上がる手作りの絵に、教室の中では歓声の上がる場面も。製作に携わった長柄中学校1年の女子生徒は、「小さい頃からおばあちゃんにブラックシアターを見せてもらっていた。今回ボランティアを頼まれて、大変だったけど楽しかった。絵が森に見えるよう絵の具の塗り方を工夫したりした。また機会があったら、今度は雨音の収録も自分でやってみたい」と話して笑顔を見せた。
「小学校や婦人会、自治会でやっている子ども会さえ無くなってきています。小さなお祭りだけれど、こんな人もいるんだ、こんなことをやっているんだと知ってもらえたら嬉しいです」と安田さんは語る。千葉県のど真ん中、ちょうどおへそに位置する長柄町。アンコール開催だったので来年の予定は未定だが、ぜひ存続して欲しいお祭りである。

問合せ おへそ祭りやらん会
代表 西ノ谷さん
TEL 090-7011-9608

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る