体協通信 ソフトテニスの普及・競技力の向上を目指して 市原市ソフトテニス協会

「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニアからシニア層まで多くの愛好者のいるスポーツであり、老若男女が楽しむことのできるスポーツです。
市原市ソフトテニス協会では、各種大会や講習会等の開催をとおして、普及活動・競技力の向上等に取り組んでいます。令和元年度も、市民大会、市原市長杯争奪ソフトテニス大会等18大会を開催しました。また、強化・普及活動として、中学生講習会、県民大会強化練習会等の実施、ソフトテニス教室への積極的な協力も行いました。これらの地道な活動を継続しながら、普及活動・競技力の向上、協会運営の充実・発展に努めています。
特に、市原市等の後援の基に開催した、「市原市長杯争奪ソフトテニス大会」は、歴史を重ね、第38回目を迎えました。県下各地から参加者があり、臨海緑地運動公園第1・第2コートを会場に、一般(含高校生)、成年(35歳以上)、シニアの部(45歳以上)に分かれ、幅広い年齢の人々が参加し、熱戦を繰り広げる事ができました。令和2年度も更に充実した大会を目指し、開催する予定ですので多くの方々の参加を期待しています。
また、(財)市原市体育協会主催のソフトテニス教室(前期・後期各10回)に積極的に協力してきました。講師の派遣だけでなく、協会員の有志が指導助手となり、教室の運営に当たってきました。参加者も30名を超え、ランク別に分かれ、レベルに応じた指導内容を毎回実施し、最後はゲームと、10回の教室を終える事ができました。参加者からの声は好評でした。令和2年度も、開催される見込みですので、多くの方々の参加を望んでいます。
なお、大会予定、大会申込み方法、問合わせ等は、左記「市原市ソフトテニス協会ホームぺージ」をご覧ください。(田中義昭)
http://ichiharasohutotenisukyoukai.web.fc2.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…
  2.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  3.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  4.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  5.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  6.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  7. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  8. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  9.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る