正月料理のレパートリーを増やす

 正月の7日間は春の農業労働に備えて体力をつける期間。女性も炊事労働を休むため年の暮れに作る正月料理は、神様を祭り、高カロリー食品を取ろうとする古代の人々の生活の知恵。
 12月初旬、八幡公民館で『正月料理 手軽にできるおせち料理』が行われ20名が参加、8品の正月料理に挑戦した。講師は栄養士の木村みどりさん。今回は、定番料理の『伊達巻』、『たたき牛蒡』、『田作り』と7種の野菜を入れた『七福雑煮』の他に、『のし鷄』とつまみを2品、デザートに『甘酒かん』を作った。
 『のし鷄』は、鷄ひき肉とみじん切りにした野菜に、みりん、醤油、味噌などで味付けをして混ぜ、厚さ2cmにのして、ケシの実と青のり粉をふってオーブンで焼く。盛り付け時は扇面切りで。
 つまみは、ささみとザーサイの漬物、細ネギを塩とごま油で和えたものとユリ根を明太子で和えた『真砂あえ』。品数が多いので、スタートからとても慌ただしい。黙々とみじん切りをする人、力強く具材をこねる人など、手際よく自分の役割を見つけ「これ、私がやるね!」と声を掛け合いながらテキパキと行動する。活気溢れる雰囲気だ。あちこちから「先生!」と声が上がり、木村さんも忙しく動き回る。
 難しかったのは『伊達巻』。はんぺんと卵、砂糖などの調味料をミキサーで撹拌し、油をひいた卵焼き器に流し込んで約8分、蓋をして焼くのだが、火が強すぎると焦げてしまうし弱いとなかなか色がつかない。焼け具合を均一にするには、焼き網をガスコンロにのせ、その上に卵焼き器をのせる。そして、角にも火が当たるように時々動かす。底面がきれいに焼けたら、ぬれ布巾の上に卵焼き器を置き、蓋の上にクッキングペーパーを敷いてひっくり返す。ペーパーごと、再度卵焼き器で裏面も乾かす程度に焼く。焼きあがったら、焼き色のついた方を下にして包丁目を入れ、凹凸のある鬼スダレ(通常のスダレでも可)で巻き輪ゴムで止めてしばらく置く。
 『甘酒かん』は、生姜汁とクコの実をちらして固めることで見た目も香りもアップ。『田作り』のポイントは、五穀豊穣を表すごまめをレンジにかけ、パリッとさせること。そして、フライパンで煮立てた煮汁に火を止めてから入れる。ミックスナッツを入れるとまた一味違った食感が楽しめる。
 「『のし鷄』は簡単で見た目も味もセンスがいい。生姜とレンコンが効いていておいしい。上手にできましたよ」と笑顔で出来上がった料理を次々と運ぶ参加者たち。班ごとで食器や盛り付け方が異なると、また料理の雰囲気も違って見える。手作りの料理で正月を迎えるのもいいものだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る