社会に出て喜びを感じるそんな障がい者支援を目指して

 人は社会の一人であり、このことを実感できることの一つが社会貢献。社会貢献は様々な方に喜ばれると同時に、自分自身としても喜びや充実感などを得ることができる。という考えのもと、障がい者が就職できるよう支援を続けているのが五井西口にある「いろえんぴつ」。
 障害を持っているが故に何もできない、何もしなくていい、他人がやってくれて当然、などの様子が見て取れる人もいると聞く。そこで、毎週金曜日に近所の公園のごみ拾い清掃をやることに。集団歩行で公園に行き、ラジオ体操、開始の合図でごみ拾い。延べ30分程の作業を行った。回を重ねてくると通りがかりの人から「ご苦労様。」「ありがとう。」などと声がかかるようになり、彼らは照れくさそうに微笑んだ。次第に参加意欲が見られるようにもなり、作業後の振返りでもやりがいを感じるなどの発言も増えてきているようだ。「公園でのごみ拾い」により、外に一歩踏出した姿を見ることができた。

就労移行支援事業所
いろえんぴつ
0436-26-4377

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る