隠れスポット大発見!? 内田の森で観桜会

 4月4日から5日の2日間に渡り、市原市米沢の森に隣接する内田の森で『山桜と菜の花まつり』が開催された。花立野陽だまり広場では餅つきが行われ、来場者は「つきたては美味しいね。昔はこうして、どこの家でも餅をついたんだよね」と懐かしそうに話しながら、餡子や黄粉をまぶしながらぺろりと平らげた。
 5日はあいにくの雨に見舞われ来場者は60人ほど。主催である市原米沢の森を考える会・代表の鶴岡清次さんは、「昨日は一時的に天気もよく、この倍以上の人が集まりました。米沢の森三大桜である行人塚山桜・千手山桜・忍び山桜のガイドツアーも行い、大変賑やかでした」と話す。
 荒れ果てていた竹藪を切り開き整備をした。桜は大きく花を咲かせ、今では県外から訪れる人もいるほどの景色に成長した。まつりである観桜会を始めたのは5年前。昨年からは菜の花も咲かせ、桜と菜の花が同じフォルムに収まる世界を見れば夢心地に。
「雨は残念ですが、すっきりと晴れた空に映える桜より、このくらいのほうが風情があっていいんですよ」と米沢の森を写す石川松五郎さんは、カメラを構える。「1回来るとまた見たくなりますよね」という来場者も多く、同まつりでは桜以外にイベントも盛り込まれ、1日目はウクレレやオカリナ奏者が演奏。2日目は市原市戸田出身のハーモニカ奏者、武田春彦さんが場を盛り上げた。「ハーモニカはポケットに入るオーケストラ。外で演奏するのは初めてでしたが音が大きく出て大満足です!」と笑顔。観客は桜を愛でながら、楽しそうに歌詞を一緒に口ずさんでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る