隠れスポット大発見!? 内田の森で観桜会

 4月4日から5日の2日間に渡り、市原市米沢の森に隣接する内田の森で『山桜と菜の花まつり』が開催された。花立野陽だまり広場では餅つきが行われ、来場者は「つきたては美味しいね。昔はこうして、どこの家でも餅をついたんだよね」と懐かしそうに話しながら、餡子や黄粉をまぶしながらぺろりと平らげた。
 5日はあいにくの雨に見舞われ来場者は60人ほど。主催である市原米沢の森を考える会・代表の鶴岡清次さんは、「昨日は一時的に天気もよく、この倍以上の人が集まりました。米沢の森三大桜である行人塚山桜・千手山桜・忍び山桜のガイドツアーも行い、大変賑やかでした」と話す。
 荒れ果てていた竹藪を切り開き整備をした。桜は大きく花を咲かせ、今では県外から訪れる人もいるほどの景色に成長した。まつりである観桜会を始めたのは5年前。昨年からは菜の花も咲かせ、桜と菜の花が同じフォルムに収まる世界を見れば夢心地に。
「雨は残念ですが、すっきりと晴れた空に映える桜より、このくらいのほうが風情があっていいんですよ」と米沢の森を写す石川松五郎さんは、カメラを構える。「1回来るとまた見たくなりますよね」という来場者も多く、同まつりでは桜以外にイベントも盛り込まれ、1日目はウクレレやオカリナ奏者が演奏。2日目は市原市戸田出身のハーモニカ奏者、武田春彦さんが場を盛り上げた。「ハーモニカはポケットに入るオーケストラ。外で演奏するのは初めてでしたが音が大きく出て大満足です!」と笑顔。観客は桜を愛でながら、楽しそうに歌詞を一緒に口ずさんでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…
  2.  八千代市大和田新田にある京成バラ園では、6月13日(日)まで春のシーズンイベント『スプリングフェスティバル It's so in Bloo…
  3.  新型コロナウイルスのパンデミックのなか、2020年6月15日にスタートしたインスタグラム・プロジェクト「Artists' Breath」(…
  4. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る