隠れスポット大発見!? 内田の森で観桜会

 4月4日から5日の2日間に渡り、市原市米沢の森に隣接する内田の森で『山桜と菜の花まつり』が開催された。花立野陽だまり広場では餅つきが行われ、来場者は「つきたては美味しいね。昔はこうして、どこの家でも餅をついたんだよね」と懐かしそうに話しながら、餡子や黄粉をまぶしながらぺろりと平らげた。
 5日はあいにくの雨に見舞われ来場者は60人ほど。主催である市原米沢の森を考える会・代表の鶴岡清次さんは、「昨日は一時的に天気もよく、この倍以上の人が集まりました。米沢の森三大桜である行人塚山桜・千手山桜・忍び山桜のガイドツアーも行い、大変賑やかでした」と話す。
 荒れ果てていた竹藪を切り開き整備をした。桜は大きく花を咲かせ、今では県外から訪れる人もいるほどの景色に成長した。まつりである観桜会を始めたのは5年前。昨年からは菜の花も咲かせ、桜と菜の花が同じフォルムに収まる世界を見れば夢心地に。
「雨は残念ですが、すっきりと晴れた空に映える桜より、このくらいのほうが風情があっていいんですよ」と米沢の森を写す石川松五郎さんは、カメラを構える。「1回来るとまた見たくなりますよね」という来場者も多く、同まつりでは桜以外にイベントも盛り込まれ、1日目はウクレレやオカリナ奏者が演奏。2日目は市原市戸田出身のハーモニカ奏者、武田春彦さんが場を盛り上げた。「ハーモニカはポケットに入るオーケストラ。外で演奏するのは初めてでしたが音が大きく出て大満足です!」と笑顔。観客は桜を愛でながら、楽しそうに歌詞を一緒に口ずさんでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る