『里山樹楽』に集う『元気な仲間の作品展』開催

オーナー イチオシの竹細工作品

 5年前、シティライフ1面記事で、ご紹介した『大人の遊び場 里山樹楽』のオーナー佐久間薫正さん(72)。道の駅あずの里の通り沿いにある約4千坪の広大な自宅敷地内には雑木林や杉林、竹林、花壇や畑、古墳、休憩所『どっこい処』、どんぐりショップなどがある。
 この『里山樹楽』と名付けられた里山風景の残る地に集い、樹木や山野草を慈しみながら、ガーデニングやチェーンソーカービング、野菜づくり等の活動を通じ、交流を深めているのがサークル『里山樹楽』の皆さん。現在、会員はシニアを中心に約40人。
 日頃の活動の成果を地元の方々に見てもらえたらと、今回、会として初めての作品展を行うことになり、12人が出品する。10月1日から14日(11~16時)まで、つるまい美術館(市原市鶴舞303、鶴舞郵便局前)にて『里山樹楽 元気な仲間の作品展』を開催(休館)。竹細工やチェーンソーカービング、多肉植物の寄せ植え、盆栽、写真、墨絵、どんぐり等の手細工品などバラエティーに富んだ作品が展示される。
 中でも、会の代表でもある佐久間さんイチオシの作品が根布谷辰巳さん(63)の竹細工。根布谷さんは北海道出身。高校卒業後、京葉コンビナートの造船所に就職するため市原市に。竹細工を始めたのは、定年後からで約2年半前。「友人の紹介で樹楽に来た時、竹林を見て荒廃を防ぐためにも、竹を使った作品を作ろうと考えました」と話す。
 箸やコースター、フレーム等様々なものを作るが、丸い虫かごはじめ電気の傘、花器、バッグなどはデザインや風合いに独特の世界を感じる。佐久間さんは「とにかく独創的で繊細」と絶賛し、ひとりでも多くの人に見に来ていただきたいと話す。開催期間中の9日を除くには会員の白鳥光雄さんによるシュロの葉を使ったバッタ作りの講習会も予定されている。

問合せ 佐久間さん
TEL 090・2449・2447
問合せ つるまい美術館
TEL 0436・88・4001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る