春キャベツでカンタン 健康メニュー

 春のキャベツを主役にした健康料理講座が3月13日(金)、三和コミュニティセンターで開催された。講師は、市内門前の自宅でも料理教室を行ってきた白井善子さん。「健康料理は、栄養価だけでなく気持ちも大事。食材に感謝し無駄なく調理して思いをこめる。そして楽しく食事することが元気のもとです」。
 メニューは桜のちらし寿司、キャベツのチーズ焼き、重ね煮とキャベツ・ひじきの炒め煮、うどの吸物。まずは基本の出汁づくり。「昆布を取るタイミングはお湯がふつふつとしてきたとき」「湯が沸騰したら火を止め、かつお節を入れてあくを取り、全部沈むのを待ちます」と白井さんが手順を見せた。16名の参加者はメモを取ったり質問をして、とても熱心に聞いた。
 その後4つのグループに分かれて調理へ。ちらし寿司は梅酢で、桜の花、花ニンジン、夏ミカン、梅酢レンコン、ゆでた菜の花を準備、食べる直前に混ぜる。重ね煮は鍋に塩をパラパラと散らし、生シイタケ、タマネギ、ニンジンに、塩少々と大サジ1の水を入れて蒸し煮。ヒジキを醤油で煮つめ、油揚げとキャベツをごま油で炒めたら、蒸し煮とヒジキを加え、塩と醤油を。チーズ焼きはグラタン風。バターでキャベツを炒め小麦粉を加え、牛乳を少しずつ入れる。塩、胡椒、洋風スープの素、カニカマを混ぜたら、グラタン皿によそり卵を割り入れる。粉チーズとパン粉を全体にふりかけ、6分オーブンで焼く。吸物は細切りのウド、飾り切りシイタケを温めた出汁に入れ、薄口醤油で味付け。菜の花、花麩を入れた椀によそる。
「糖分は少ないほうがガンにならない、と言われています。なので砂糖は使いませんでした。食材の旨味と甘味で十分美味しい料理ができます」と白井さん。できあがった4品は、野菜たっぷり。「ヒジキ、キノコが美味しい」「チーズ焼きは優しい味なのにコクもあり、しかも簡単。さっそく家で作ります」「お寿司が華やかで素敵」と、どの料理も好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る