春キャベツでカンタン 健康メニュー

 春のキャベツを主役にした健康料理講座が3月13日(金)、三和コミュニティセンターで開催された。講師は、市内門前の自宅でも料理教室を行ってきた白井善子さん。「健康料理は、栄養価だけでなく気持ちも大事。食材に感謝し無駄なく調理して思いをこめる。そして楽しく食事することが元気のもとです」。
 メニューは桜のちらし寿司、キャベツのチーズ焼き、重ね煮とキャベツ・ひじきの炒め煮、うどの吸物。まずは基本の出汁づくり。「昆布を取るタイミングはお湯がふつふつとしてきたとき」「湯が沸騰したら火を止め、かつお節を入れてあくを取り、全部沈むのを待ちます」と白井さんが手順を見せた。16名の参加者はメモを取ったり質問をして、とても熱心に聞いた。
 その後4つのグループに分かれて調理へ。ちらし寿司は梅酢で、桜の花、花ニンジン、夏ミカン、梅酢レンコン、ゆでた菜の花を準備、食べる直前に混ぜる。重ね煮は鍋に塩をパラパラと散らし、生シイタケ、タマネギ、ニンジンに、塩少々と大サジ1の水を入れて蒸し煮。ヒジキを醤油で煮つめ、油揚げとキャベツをごま油で炒めたら、蒸し煮とヒジキを加え、塩と醤油を。チーズ焼きはグラタン風。バターでキャベツを炒め小麦粉を加え、牛乳を少しずつ入れる。塩、胡椒、洋風スープの素、カニカマを混ぜたら、グラタン皿によそり卵を割り入れる。粉チーズとパン粉を全体にふりかけ、6分オーブンで焼く。吸物は細切りのウド、飾り切りシイタケを温めた出汁に入れ、薄口醤油で味付け。菜の花、花麩を入れた椀によそる。
「糖分は少ないほうがガンにならない、と言われています。なので砂糖は使いませんでした。食材の旨味と甘味で十分美味しい料理ができます」と白井さん。できあがった4品は、野菜たっぷり。「ヒジキ、キノコが美味しい」「チーズ焼きは優しい味なのにコクもあり、しかも簡単。さっそく家で作ります」「お寿司が華やかで素敵」と、どの料理も好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る