春キャベツでカンタン 健康メニュー

 春のキャベツを主役にした健康料理講座が3月13日(金)、三和コミュニティセンターで開催された。講師は、市内門前の自宅でも料理教室を行ってきた白井善子さん。「健康料理は、栄養価だけでなく気持ちも大事。食材に感謝し無駄なく調理して思いをこめる。そして楽しく食事することが元気のもとです」。
 メニューは桜のちらし寿司、キャベツのチーズ焼き、重ね煮とキャベツ・ひじきの炒め煮、うどの吸物。まずは基本の出汁づくり。「昆布を取るタイミングはお湯がふつふつとしてきたとき」「湯が沸騰したら火を止め、かつお節を入れてあくを取り、全部沈むのを待ちます」と白井さんが手順を見せた。16名の参加者はメモを取ったり質問をして、とても熱心に聞いた。
 その後4つのグループに分かれて調理へ。ちらし寿司は梅酢で、桜の花、花ニンジン、夏ミカン、梅酢レンコン、ゆでた菜の花を準備、食べる直前に混ぜる。重ね煮は鍋に塩をパラパラと散らし、生シイタケ、タマネギ、ニンジンに、塩少々と大サジ1の水を入れて蒸し煮。ヒジキを醤油で煮つめ、油揚げとキャベツをごま油で炒めたら、蒸し煮とヒジキを加え、塩と醤油を。チーズ焼きはグラタン風。バターでキャベツを炒め小麦粉を加え、牛乳を少しずつ入れる。塩、胡椒、洋風スープの素、カニカマを混ぜたら、グラタン皿によそり卵を割り入れる。粉チーズとパン粉を全体にふりかけ、6分オーブンで焼く。吸物は細切りのウド、飾り切りシイタケを温めた出汁に入れ、薄口醤油で味付け。菜の花、花麩を入れた椀によそる。
「糖分は少ないほうがガンにならない、と言われています。なので砂糖は使いませんでした。食材の旨味と甘味で十分美味しい料理ができます」と白井さん。できあがった4品は、野菜たっぷり。「ヒジキ、キノコが美味しい」「チーズ焼きは優しい味なのにコクもあり、しかも簡単。さっそく家で作ります」「お寿司が華やかで素敵」と、どの料理も好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る