春キャベツでカンタン 健康メニュー

 春のキャベツを主役にした健康料理講座が3月13日(金)、三和コミュニティセンターで開催された。講師は、市内門前の自宅でも料理教室を行ってきた白井善子さん。「健康料理は、栄養価だけでなく気持ちも大事。食材に感謝し無駄なく調理して思いをこめる。そして楽しく食事することが元気のもとです」。
 メニューは桜のちらし寿司、キャベツのチーズ焼き、重ね煮とキャベツ・ひじきの炒め煮、うどの吸物。まずは基本の出汁づくり。「昆布を取るタイミングはお湯がふつふつとしてきたとき」「湯が沸騰したら火を止め、かつお節を入れてあくを取り、全部沈むのを待ちます」と白井さんが手順を見せた。16名の参加者はメモを取ったり質問をして、とても熱心に聞いた。
 その後4つのグループに分かれて調理へ。ちらし寿司は梅酢で、桜の花、花ニンジン、夏ミカン、梅酢レンコン、ゆでた菜の花を準備、食べる直前に混ぜる。重ね煮は鍋に塩をパラパラと散らし、生シイタケ、タマネギ、ニンジンに、塩少々と大サジ1の水を入れて蒸し煮。ヒジキを醤油で煮つめ、油揚げとキャベツをごま油で炒めたら、蒸し煮とヒジキを加え、塩と醤油を。チーズ焼きはグラタン風。バターでキャベツを炒め小麦粉を加え、牛乳を少しずつ入れる。塩、胡椒、洋風スープの素、カニカマを混ぜたら、グラタン皿によそり卵を割り入れる。粉チーズとパン粉を全体にふりかけ、6分オーブンで焼く。吸物は細切りのウド、飾り切りシイタケを温めた出汁に入れ、薄口醤油で味付け。菜の花、花麩を入れた椀によそる。
「糖分は少ないほうがガンにならない、と言われています。なので砂糖は使いませんでした。食材の旨味と甘味で十分美味しい料理ができます」と白井さん。できあがった4品は、野菜たっぷり。「ヒジキ、キノコが美味しい」「チーズ焼きは優しい味なのにコクもあり、しかも簡単。さっそく家で作ります」「お寿司が華やかで素敵」と、どの料理も好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る