チャリティー清掃と歴史散策

チャリティー清掃と歴史散策

 3月17日(日)、八幡宿の文化財飯香岡八幡宮に市原市消防団八幡方面隊有志33名が集まった。今回は身近な場所にある文化財や宝物を知ってほしいと宝物殿拝観と講話、そして八幡宿の歴史を知るために古地図写しを手に旧境内外周を歩いた。また東日本大震災チャリティー募金と境内清掃も併せて行われた。
 飯香岡八幡宮は天平宝字3年(759)全国に勧請された国府八幡宮であるとされ、上総国の総社も兼ねた。源氏、千葉氏、足利氏、徳川氏などの尊崇を受け、海上守護、子育ての神としても信仰を集める。
「では、こちらに」と案内してくれたのは、飯香岡八幡宮禰宜平澤牧人さん。拝殿左壁面の絵馬を拝観した後、江戸の町火消からの奉納によって築かれた玉垣の説明、続いて宝物殿へと移動し、ガラスケースの中の様々な宝物についての説明となった。
 まずは、竹でつくられた『柳楯』(県指定無形民俗文化財)。市原には代々、柳楯を作る司家が2軒あり、1年交代で制作している。この柳楯が八幡宮に到着しないと祭儀も開始できなかったと言われる。また『神輿』(県文化財)4基は至徳元年(1384)足利義満が寄進したもの。神輿と柳楯は祭礼の際、必ず共に八幡宿市街を巡行する。他にも『当世具足』(市文化財)などがあり、拝観の最後は記念にと撮影や質問をする団員もいた。
 境内の清掃終了後、案内人が深山徹さんに変わり散策へ。「この辺りがかつての海岸線です」と歴史の説明を聞きながら歩く。『山祇神社』の裏周辺を通ると「この通りまでが八幡宮境内です」との説明にその広さがわかる。そのまま『満徳寺』を通り過ぎ、JR八幡宿駅の東口側にある『御墓堂墓地』へと歩く。
『御墓堂墓地』は満徳寺の管理で、足利義明夫妻の五輪塔がある。足利義明は、室町時代後期(戦国時代)の武将。小弓公方を称し、天文7年(1538年)第1次国府台合戦で北条氏綱との戦いで戦死した。以前は駅の東口を出てすぐの場所にあったが、開発計画で場所が移転し、現在は閑静な住宅地にある。再び西口側に戻り、最後は『無量寺』へ。伝千葉康胤の墓を見学し、飯香岡八幡宮へ戻った。
 案内人で企画発案をした分団長・深山さんは、「町場の消防団であるからこそ地元の歴史を学び、町内に精通した消防団になれればと思っています。これを機会に毎年活動を続けていきたい」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…
  2. ◇地域の防犯に、移動交番の活用を  安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警…
  3. ミリオンセラーの「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」など、数々のヒット曲を生み出した森山良子が3月5日(木)(午後4時開演…
  4. 今年で設立34年目を迎える『市原市なぎなた連盟』は、市内3カ所の体育館を拠点に活動中だ。昭和63年5月、市原市社会体育課主催の家庭婦人を対象…
  5. 実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の…
  6. RUN伴(らんとも)は、認知症の人や家族、医療福祉関係者、認知症の人と接点がない地域住民のみんなでタスキを繋いで、北海道から沖縄まで日本全国…
  7. 市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全…
  8. 毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアー…
  9. 春の息吹を感じながらも、まだ陽当たりが良い所を選んで散歩をする。陽だまりの野草を見ると、大きさ7ミリぐらいの白い花が見られるようになった。…
  10. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

ピックアップ記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~21時 市原市立五井中学校 幅広い年齢層のメンバーが、よさこいを通じてひとつになれる!…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る