房総往来 灼熱の江戸川渡り

山里 吾郎

 午前9時半。水銀柱はすでに35度どころか、40度さえも突破しているのでは…。そんな錯覚に陥るほどの猛暑の中、女性3人を含む12人の"強者"は「矢切の渡し」へ向けて懸命に歩を進めた―▼今年一番の暑さとなった8月1日、町会ハイキング部主催の「葛飾・柴又行」で遭遇した試練の一場面。江戸川を渡り対岸の寅さんに会うまでの約1時間半、長く辛い「真夏の修行」を体験した▼午前7時、五井駅行のバス停に集合。この時点で"猛暑の道中"はすでに予感された。市川駅までは快速電車。路線バスに乗り換え、戦国時代の古戦場跡・里見公園へ。ここからがいよいよハイキングの本番だった▼樹木豊かな公園から脇道に入るといつの間にか木陰は消え、灼熱の太陽が真上から照りつける。住宅街から田園地帯を抜け、暫く進むと水門が見えてきた。「江戸川沿いに出ればいくらか風が…」。にわかに活気づいたのも束の間、淡い期待は無残に裏切られた。眼下に川の流れは見えるが、道路脇に伸びたススキの若葉を揺らすはずの風はほとんど感じられない。無風の炎天下、逃げ場のない徒歩行進▼とはいえ平均年齢65歳以上(?)。足元こそおぼつかないが口だけは滑らか。「修行と思えば大丈夫」「川さえ渡れば鰻と冷たいビールが」。勝手気儘を口にしながらそれぞれが己を励ます▼「舟着き場はまだか…」。何人かの口からつぶやきが漏れたころ、土手下に「矢切の渡し」の旗が。全員の足が急に活気づいたのは言うまでもなかった▼上流で降った大雨のせいだろう。江戸川は茶色く濁っていたが渡し舟に乗った一行の表情は苦痛から笑顔に変わっていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る