房総往来

「雪国」の夏休み
山里 吾郎

 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」。小説「雪国」の冒頭文。川端康成は何回となく湯沢を訪れ温泉旅館に逗留。実体験を綴るようにこの名作を書き上げた▼残暑から一転、秋の気配を深めた8月下旬、「雪国」のふるさと、新潟県・中越地方を旅した。今回も孫たちの夏休みに同行した県外紀行▼「電車の旅も体験させたい」と東京駅で待ち合わせ、上越新幹線に乗り込んだのが午前9時半。そこからわずか1時間半、昼前には越後湯沢駅に到着した▼曇り空。前方に見えるのは三国山脈だろうか、うっすらと霧に霞んでいる。送迎バスまでの空き時間を利用、まずは「南魚沼産」の暖簾がかかった駅ナカの飯屋で、卵かけご飯をかきこんだ▼多くのファミリーでにぎわう上国のホテルは孫たちが決めただけあって充実したプレイランド。初日は天気の悪さも考慮してニジマス釣りとつかみ取りに挑戦。格闘後、ふだんは余り魚を口にしない子供たちが、その場で串焼きされた獲物にかぶりつく▼2日目も曇り空だったが夏休みの楽しみはやはりプール。お目当てのウオータースライダーなど各種のアトラクションに挑むタフな子供たちに終日つきあった▼最終日。湯沢駅に戻り徒歩で「雪国館」へ。深雪地の厳しい生活様式を伝える郷土資料と合わせ、川端の足跡、舞台となった高半旅館、駒子のモデルとなった芸者・松栄、「雪国」にまつわる絵画など“大人の旅”をたっぷり満喫した▼最後はロープウエイで湯沢高原へ。季節外れのアジサイや色鮮やかなニッコウキスゲに囲まれた1000メートルの高台から小雨に煙る温泉地の風情を楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る