「雪国」の夏休み
山里 吾郎

 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」。小説「雪国」の冒頭文。川端康成は何回となく湯沢を訪れ温泉旅館に逗留。実体験を綴るようにこの名作を書き上げた▼残暑から一転、秋の気配を深めた8月下旬、「雪国」のふるさと、新潟県・中越地方を旅した。今回も孫たちの夏休みに同行した県外紀行▼「電車の旅も体験させたい」と東京駅で待ち合わせ、上越新幹線に乗り込んだのが午前9時半。そこからわずか1時間半、昼前には越後湯沢駅に到着した▼曇り空。前方に見えるのは三国山脈だろうか、うっすらと霧に霞んでいる。送迎バスまでの空き時間を利用、まずは「南魚沼産」の暖簾がかかった駅ナカの飯屋で、卵かけご飯をかきこんだ▼多くのファミリーでにぎわう上国のホテルは孫たちが決めただけあって充実したプレイランド。初日は天気の悪さも考慮してニジマス釣りとつかみ取りに挑戦。格闘後、ふだんは余り魚を口にしない子供たちが、その場で串焼きされた獲物にかぶりつく▼2日目も曇り空だったが夏休みの楽しみはやはりプール。お目当てのウオータースライダーなど各種のアトラクションに挑むタフな子供たちに終日つきあった▼最終日。湯沢駅に戻り徒歩で「雪国館」へ。深雪地の厳しい生活様式を伝える郷土資料と合わせ、川端の足跡、舞台となった高半旅館、駒子のモデルとなった芸者・松栄、「雪国」にまつわる絵画など“大人の旅”をたっぷり満喫した▼最後はロープウエイで湯沢高原へ。季節外れのアジサイや色鮮やかなニッコウキスゲに囲まれた1000メートルの高台から小雨に煙る温泉地の風情を楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る