ウクレレに初挑戦

 南の島ハワイで生まれた楽器ウクレレ。弦が押さえやすく、コンパクトでキュートなボディと柔らかく心癒されるような音が魅力だ。ハワイ語でウクはノミ、レレは跳ねるという意味がある。日本にハワイアン・ブームが起こったのは1960年代。クラシックからロックまでオールラウンドに演奏できるとあって、当時を知る世代を中心に今でも人気がある。
 9月から10月にかけて辰巳公民館主催事業『ウクレレに挑戦』(全5回)が開かれ、男女15人が参加した。担当職員によると「習いたいという希望が数件あったので初めて企画した」という。講師は山岸与一(79)さんと山岸さんが指導する同館のサークル『辰巳オールハワイアンズ』の会員10人。
 初日の9月3日、まずサークル代表者の安居謙二さんから音楽の基本を教わった。楽譜の読み方や和音の成り立ちなどの話のあと、「木とナイロン弦でできているので、気温や湿度の影響を受けやすい。保管場所に気を付け、チューニングはこまめに」と楽器の取扱いも学んだ。
 続いてマイクを握った山岸さんは「ソドミラ、つまりハナコサンというメロディでチューニングして」と音程には捕らわれない気楽な様子で話し始めた。胸のあたりで抱える持ち方を習い、参加者はとりあえず音を出してみる。左手で弦を押さえ、右手でかき鳴らすのはギターと同じ。配られた図表の見方がわからない初心者には、サークル会員が手を添えコードを教えた。
 「ウクレレを弾こうよ ワイキキの浜辺で」と弾き語りをしながら演奏のコツを伝授する山岸さん。「コード運びは支える親指の位置を変えるとスムーズにできる」とのこと。右手のストロークを何度も繰り返し、「切りすぎた爪が痛い」と言う女性には「指の腹で弾いて」とアドバイス。すると女性の奏でる音は優しい響きに変わった。弾き続けて疲れたのか両手を振って手首をほぐしながら練習する男性もいたが、1時間ほどの間に参加者はコードを3つ覚え、『ハッピーバースデイ』のメロディにチャレンジした。
 講座では、はじめて習う人のためにウクレレを貸し出したが、家から持参した人も多い。国分寺台に住む70代の男性は、「妻が若い頃買ったので50年物」という楽器を持ってきた。山木に住む女性の楽器は「亡くなった夫がハワイアンバンドで使っていた」そうだ。「昔の良い素材を使っていますね」とサークル会員に褒められると女性は嬉しそうな笑顔を見せていた。
 「頭と指を使うから、認知症予防になります。弾けばそれなりの感じが出る。ウクレレを持ったら一緒に歌いましょう」と山岸さんは終始リラックスムードで声をかけていた。最終回で同館文化祭(10月17日)の舞台に立つのが目標。サークル会員募集中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る