骨髄提供支援事業が市原市でスタート

 今年4月、市原市ではドナー助成制度の導入を開始した。白血病や再生不良性貧血などの病気は、骨髄移植や末梢血幹細胞移植という治療で治すことが可能になっている。だが、毎年約1万人が白血病などの血液疾患を発症し、そのうち約2千人が骨髄バンクを介した治療を必要としているのに対し、実際に6割ほどしか治療を受けられていない。千葉骨髄バンク推進連絡会の西島隆史さん夫妻は、「適合するドナーの方が見つかっても、仕事をお休みできないからと提供まで進まないことが多くあります。家族が縮小化し、親族間だけでの移植は難しい。提供側にも年齢制限があり、毎年2万人ずつ減っています。新たな力が必要です」と訴える。 西島さん夫妻は、3歳で白血病を発症して長く闘病しつつも亡くなった娘さんの御供養のためにと、二十数年前から献血会場で骨髄バンクドナー登録のボランティアに尽力している。今回、市原市のみならず君津市や木更津市にも働きかけ、両市とも同時期にスタートしている。市原市の助成制度は、骨髄提供のため入院した日数につき最長7日間、本人に日額2万円、勤務先事業所に日額1万円がサポートされる。制度発足以降、千葉県内で21人の申請があった。
 ドナー登録は献血会場にて行われており、献血の際に2の採決をするのみ。「現在千葉県の助成制度導入率は全体の30%のみ。今後、他の市でも取り入れてもらえたら」と、隆史さん。
 次回7月20日、市原市役所にて活動予定で、同時に活動ボランティアも募集中。詳細は問合せを。

問合せ 西島さん
TEL 0436・61・3688
http://www.marrow.or.jp/chiba/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る