避難所運営は自分たちの手で

 6月21日、南総地区社会福祉協議会主催の講演会『避難所の運営と役割』が南総公民館で行われ、同地区の各自治会役員や民生児童委員など災害時にリーダーとして動く意志、可能性のある約80名が参加した。講師は『(公社)SL災害ボランティアネットワーク』理事の坂内美佐子さん。
 日本各地で大規模な地震が起きる確率が高まっている。三方を海に、二方を河に囲まれた千葉県は津波による水の氾濫、コンビナート火災なども予想され、陸の孤島になってしまう可能性がある。県外からの支援に頼らず復興の道を歩むにはどうしたらいいのか。まずは自分と家族の安全確保。そして、しばらくの間、生活の場となりうる避難所を誰がどう運営していくのかを前もって決めておく必要がある。
「大規模災害時にはみんなが被災者。行政の対応を待つのではなく、自分たちの地域は自分たちで守るという意識を持つこと」と坂内さん。そのためには災害に対する対策を日頃から講じておくことが大切だ。自治会内で、全体の指揮をとる本部長を1人、補佐をする副本部長を数人、避難所で名簿の管理などを行う避難者班、救援物資の調達を担当する食糧・物資班などの役割を決めておくと有事の際に動きやすい。1人でも多くの住民が積極的に研修、訓練などに参加し、災害時に素早く対応できる地域は復興力が高くなる。
 後半は、災害時に役立つダンボールトイレ作りと、フリーズドライされたおこわに湯を入れて15分で出来上がる非常食作り体験と試食が行われた。水でも60分で出来上がる。ストックしておくと便利だ。
 ある参加者は「前もって地域で体制を整えておくことが急務だと認識した。誰かがリードしてくれる、ではなくて自分たちが主体となってやっていかなければ」と頷いた。自治会などで対策の方法がわからない場合、住民に危機意識を持たせたい場合、「出前講演も受け付けますよ」と坂内さん。

問合せ 坂内さん
TEL 0436・41・8186

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る