まるでレース! 繊細で清楚なペーパーアート

 白い半透明の厚手のペーパーが、緻密で美しいレースと見間違うほどの模様となる。オランダから広まった『パーチメントクラフト』は、1990年代前半に日本に入ってきたという、比較的新しいクラフトだ。パーチメントとは、もともと聖書の写本などに使われていた『羊皮紙』を意味し、表紙に浮き彫り模様などを入れていたのが発祥とされる。のちにその技法が南米に伝わり、材料が厚手の紙へと変わり、さらにそれがオランダへと伝わって、現在のペーパークラフトとして確立されたという。
 君塚に住む中島弘子さん(51)は、自宅で数多くの作品を制作し、おゆみ野のスクールで講師を担当する。「12年前、東京の友人の作品を見せてもらい、レースと思ったら紙だと言われ、その美しさにたちまち虜に。それまで粘土細工や刺繍、ビーズなど、いろいろ趣味でしていましたが、それ以来、パーチメントしか作らなくなりました」。専用紙は厚手のトレーシングペーパーのよう。そこに図案をトレースし、何種類もの道具と彩色で、浮き彫り、穴開け、ペイント、カットの技法を組み合わせ、デザインを描き出す。絵画的なものからレース状の作品、立体的な飾りや実用的なものまで、様々な作品ができる。しおりやぽち袋、箸置き、ギフト用ボックス、コサージュやバレッタなど、アイデア次第だ。 
 中島さんは3年前、知人に頼まれて、出産祝いの記念品に小さなベビーシューズを作った。それから度々依頼を受けるようになったが、なかなか自分の作品を販売する気にはなれないという。「でき上がった作品は本当に繊細でキレイで、自分で作ったものでも手放したくなくて。細かい手作業の蓄積で時間もかかりますし、愛着もあって、欲しいと言われてもどうしようって思うんです」。家事の合間のちょっとした時間でも作業に当て、街を歩いていても、図案になりそうなデザインを探してしまう。細かい作業もまったく飽きず、むしろ時間がもったいなくて、テレビも見なくなった。
「今年の2月、入院して脇の下を手術したんですが、その時は『手が動かなくなったらパーチメントができない!』って焦ってました。本当はそれどころじゃなかったはずなんですけどね」と笑う。中島さんは2年に3回程度、東京での展示会などに出品しているが、今後は地域での小さな展示会開催を考えている。「多くの人に実物に触れてもらって、知ってもらう機会を作りたい」。これからも熱心な制作活動が続きそうだ。

問合せ 中島さん
TEL 0436・22・3646

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る