今日のおやつはコレ!

 9月24日、姉崎公民館で主催講座『姉崎旬料理』3回シリーズの第2回目が行われ、15名が参加した。姉崎地区で収穫された作物を使って料理をするというテーマで、今回の主役はサツマイモ。『さつまいもとりんごの重ね煮』と『大学いも』、そして毎回講師が密かに仕込んでいる「びっくりメニュー」の3品を完成させた。講師は市原市食生活改善協議会姉崎支部の岩撫幸子(いわなでさちこ)さん他2名。
 『きらきらぼし』の歌に合わせて念入りに手洗いを終えたら、早速「できました!」と岩撫さんの声。炊飯器から、今日のびっくりメニュー、ホットケーキが顔を出した。スポンジケーキのように横に2つにスライスし、講師お手製のいちごジャムといちじくのカンロ煮を挟んだりトッピングしたりして飾りつけ。カットしたケーキの下にいちじくの葉をしくと、緑の色味がプラスされて見た目もキレイ。
 『さつまいもとりんごの重ね煮』(5人分)のレシピを紹介する。材料は、さつまいも600g、りんご(紅玉)2個、バター大さじ2、干しぶどうカップ4分の1、シナモン小さじ1、砂糖カップ4分の3、塩小さじ2分の1、水カップ4分の3。作り方は次の通り。さつまいもの皮をむき、1㎝の輪切りにして水にさらす。りんごは皮付きのまま、6つ割で1㎝の厚さに切る。シナモン、砂糖、塩を混ぜておく。なべにバターを塗り、りんごとさつまいもを交互に並べ、干しぶどうと砂糖、塩、シナモンをふりかけ、なべ肌から水を入れる。クッキングシートに切れ込みを入れて作った紙ぶたをして、水がなくなるまで静かに煮る。焦げないように気をつけること。
 終始、手と口を同時に動かす器用なみなさん!賑やかな雰囲気のままクッキングは終了。見た目にもボリュームたっぷりの旬のスイーツは、どれも飽きのこない、ほどよい甘さで子どものおやつにもピッタリ。
 岩撫さんは「サツマイモは、繊維分とビタミンCがたっぷりの根菜。千葉県の生産量は全国第3位で、県内の畑作物の中で、最も作付け面積が大きい作物です。手軽なメニューなので、ぜひ、ご家庭でも作ってみて」と話した。
 「男性も、家庭で自立するために料理ができないと。カレー、肉じゃが、何でも作りますよ」と料理教室に積極的に参加しているという男性。「毎回、先生のびっくりメニューが楽しみで」、「重ね煮は初めてでした。高級感があっていい」との声も。次回(10月22日)のメニューも楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る