咲かせよう、黄色の夢

花プロジェクト2015

 青空と黄色い菜の花の間を駆け抜ける、肌色と朱色の小湊鉄道の車体。毎春、この風景を心待ちにしている人がどれだけいることだろう。みんなで楽しむものは、みんなで作る。9月26日、佐是以南の小湊鉄道の沿線を中心に地元のボランティア団体などが菜の花の種まきをするイベント『花プロジェクト2015』が行われた。主催は市観光振興課。11回目となる今回は、里見駅、飯給駅、月崎駅周辺で地元の団体と共に100名の一般者も参加。小雨が降る中、蓋に穴を開けたペットボトルに入った種をシャカシャカ鳴らして歩きながら線路脇に蒔いた。
 種まきのあと、参加者は各地から加茂学園の体育館へ移動。ねぎらいのカレーが振る舞われた。小出市長の挨拶に続き、小湊鉄道の石川晋平社長が「ボランティアの力で維持している里山の風景としては、この南市原は世界一です!」と語ると会場からは大きな拍手が起こった。食後は、世界的にも有名な栗田宏武さんがチェーンソーカービングを披露した。木屑を飛ばしながら迫力満点のパフォーマンス。わずか数十分でフクロウを削り上げ、「おおーっ」と観衆をうならせた。
 ある参加者は「車で線路脇を通ったことしかなかったので、この春は小湊鉄道に乗って車窓から菜の花を満喫したい」と話した。
 来春に小湊鉄道各駅で行われる『菜の花まつり』が楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る