咲かせよう、黄色の夢

花プロジェクト2015

 青空と黄色い菜の花の間を駆け抜ける、肌色と朱色の小湊鉄道の車体。毎春、この風景を心待ちにしている人がどれだけいることだろう。みんなで楽しむものは、みんなで作る。9月26日、佐是以南の小湊鉄道の沿線を中心に地元のボランティア団体などが菜の花の種まきをするイベント『花プロジェクト2015』が行われた。主催は市観光振興課。11回目となる今回は、里見駅、飯給駅、月崎駅周辺で地元の団体と共に100名の一般者も参加。小雨が降る中、蓋に穴を開けたペットボトルに入った種をシャカシャカ鳴らして歩きながら線路脇に蒔いた。
 種まきのあと、参加者は各地から加茂学園の体育館へ移動。ねぎらいのカレーが振る舞われた。小出市長の挨拶に続き、小湊鉄道の石川晋平社長が「ボランティアの力で維持している里山の風景としては、この南市原は世界一です!」と語ると会場からは大きな拍手が起こった。食後は、世界的にも有名な栗田宏武さんがチェーンソーカービングを披露した。木屑を飛ばしながら迫力満点のパフォーマンス。わずか数十分でフクロウを削り上げ、「おおーっ」と観衆をうならせた。
 ある参加者は「車で線路脇を通ったことしかなかったので、この春は小湊鉄道に乗って車窓から菜の花を満喫したい」と話した。
 来春に小湊鉄道各駅で行われる『菜の花まつり』が楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る