ピンクのエプロンで食改さんがやってくる

 『私達の健康は私達の手で』という文字の記されたTシャツの上にピンクのエプロンと三角巾をつけ、食育活動する市原市食生活改善協議会。会員の食生活改善推進委員は『食改さん』と呼ばれ、各地域で活動を行う。有秋中学校と有秋南小学校で授業を行う有秋支部の会員は10名。支部長の宮崎順子さんは「食物の命を感じる力、元気な身体が解る力、食物を選ぶ力、食物の味が解る力、料理のできる力をつけ、自分一人で生きる力を培ってほしい」と話す。
 9月、有秋中学校(校長 麻生豊)の2年生は食改さんによる講義と調理実習を2日に渡り受けた。バランスのよい食生活の大切さなどの座学を前週に終え、9月13日は2年3組が調理実習を行った。作るのは鶏肉と野菜のデミグラスソース煮込みと白玉団子入りフルーツポンチ。主菜は、フライパンひとつで調理でき、同じ素材でシチューやカレーにも応用できる市販品のルーを使うなど、一人でも作れるように配慮されている。もちろんカロリーと栄養バランスも考えてある。授業は「近所のおばさんと一緒に料理する雰囲気で進めている」そうだ。生徒と顔見知りの会員もおり、「一人暮らしになったとき、料理ができれば友達が集まるわよ」、「デミグラスソース煮込みにかけるスキムミルクは、戦後の食糧難のとき、子どもたちの栄養源だったの」などの会話が弾む。
 教頭の伊藤究さんは「地域の大先輩の話は言葉の重みが違う」、担当教員の本吉博子さんは「1日に必要な野菜350グラムをポリ袋に入れて見せるなど具体的でわかりやすく、生徒たちは真剣に聞いている」と支部の授業を高く評価する。調理後に感想を聞くと、男子生徒は「自分の体は毎日食べる物でできていると気づいた」、「お母さんは毎日なので大変だと思った」、女子生徒は「栄養バランスを覚えたい」、「ルーは具材の上に置くと焦げないと教えてもらった」などと答えた。有秋南小学校では児童が育てた作物を調理するそうだ。
 平成24年から始まった授業について、県協議会の本部役員も兼ねる江村寿子さんは「学校が快く受け入れてくださり、感謝している」、副支部長の小林タカ子さんは「子どもたちからパワーをもらえる」と充実した様子で話す。座学は会員が交代で話をするが、「内容に自信はあるが、人前で話し慣れていない」という「近所のおばさん」ならではの苦労もあるようだ。
 有秋支部は平成8年に姉崎支部から独立し、2年に1度行われる食生活改善推進委員養成講座の受講者で発足した。有秋公民館で月1回の伝達料理講習、年1回の公民館主催料理講座を開き、高齢者の集まりやガン患者の講座にも協力する。全国で食生活改善協議会の会員は16万人。市原市は6支部が各地域で使命感を持って活動している。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る