とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも一鉢は置いてあった、火傷や虫刺されに効果のあるキダチアロエは育てているのですが、幸い火傷をする事も、虫刺されで腫れる事もないので、ほとんど使う機会がありませんでした。
 今回購入したアロエベラは、アロエヨーグルトなどにも入っている、食用にもなるアロエです。お店でヨーグルトを買う時、迷わず選んでしまうのはイチゴ入りでもブルベリー入りでもなく、アロエヨーグルト。あのみずみずしくて何とも言えない食感。毎朝の手作り豆乳ヨーグルトに自分で育てたアロエの果肉を入れたらきっと朝が待ち遠しくなるのかしら?と少女のような気持ちにすらなってしまいそうです。色は爽やかな薄い緑色。葉の形も一般的なアロエとは違って、根元から上に向かって扇状に真っ直ぐに伸び、そのまま観葉植物としても使いたくなるぐらいに素敵な形をしています。
 調べてみると葉は大きなものでは70〜80㎝、葉肉の厚みは3㎝程にもなるそうです。キダチアロエよりも寒さに弱いため、鉢植えで育てた方が無難な様です。効能はお肌のハリやツヤを保ち、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺して炎症を抑える作用があります。アロエの葉には多くのビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酵素類、アロエ特有の物など、おおよそ200種類の成分が含まれているそうです。世界三代美女の1人、クレオパトラの美貌はアロエで作られたとの言い伝えも残っているのだとか。
 食べても良し、塗っても良しの美容と健康の宝箱のような良い事づくしのアロエ。ただし、腸に対して刺激性があるので食べ過ぎないようにする事、アロエに含まれる「アロイン」には子宮に対して収縮作用があると言われているので、生理中や妊婦の方は注意が必要です。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る