コットンクラフトで可愛いさるの干支飾り

 今年の干支・可愛いさるの飾りを作る講座が、昨秋、ちはら台コミュニティセンターで開催された。講師はコットンクラフトを教える田口雅子さん。14名の参加者は、2回の日程で3体のさると屏風を作製した。
 初日には、田口さんが頭、体、腕と3つのパーツを分けて見せ、プロセスを解説。「体は中袋にペレットが入っていて座りが良く、両腕も1本でつながっています。頭は小さく細かい作業なので、切り込みの入れ方など注意してください」とポイントを交え説明。体は布を袋状に縫い、底にタックをとる。中袋を作り、ペレットを入れる。腕はバイヤスの布を二つ折りにして縫い、毛糸を通して両端を絞る。メインの作業は頭づくり。「最初に布を切る時は荒断ちでいいですよ。パーツが小さいので、そのほうが作業がやりやすくなります」と田口さん。頭の布から顔部分を切り抜き、裏から顔布をあててしつけ。その顔布を、頬などのカーブが出るよう切ってまつり、アップリケにする。後頭部分の布を中表に合わせ、返し口を残してぐし縫い。耳の部分にも切り込みを入れ、頭の形に切り、表へ返して綿を詰め、とじる。ビーズを目に、鼻と口は刺繍する。
 小さいパーツのために、布を切りすぎたり、うまく縫い付けなかったりと、参加者は四苦八苦。時折、田口さんが修正などして手伝い進めたが、一つ作って時間切れになった人が多く、3体分の残りのパーツは自宅で作ることに。2日目は、パーツをつなぎ、屏風を作って飾りは完成。「体の詰めものを綿にして、リースに加えると玄関に飾れますよ」と田口さん。参加者は「3体いるので『見ざる・言わざる・聞かざる』にしてもいいですね!」「顔を作るのに苦労しました。でも全部表情が違っていて可愛い。さっそく自宅に飾ります」とのことだった。 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…
  2. ◇地域の防犯に、移動交番の活用を  安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警…
  3. ミリオンセラーの「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」など、数々のヒット曲を生み出した森山良子が3月5日(木)(午後4時開演…
  4. 今年で設立34年目を迎える『市原市なぎなた連盟』は、市内3カ所の体育館を拠点に活動中だ。昭和63年5月、市原市社会体育課主催の家庭婦人を対象…
  5. 実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の…
  6. RUN伴(らんとも)は、認知症の人や家族、医療福祉関係者、認知症の人と接点がない地域住民のみんなでタスキを繋いで、北海道から沖縄まで日本全国…
  7. 市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全…
  8. 毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアー…
  9. 春の息吹を感じながらも、まだ陽当たりが良い所を選んで散歩をする。陽だまりの野草を見ると、大きさ7ミリぐらいの白い花が見られるようになった。…
  10. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

ピックアップ記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~21時 市原市立五井中学校 幅広い年齢層のメンバーが、よさこいを通じてひとつになれる!…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る