コットンクラフトで可愛いさるの干支飾り

 今年の干支・可愛いさるの飾りを作る講座が、昨秋、ちはら台コミュニティセンターで開催された。講師はコットンクラフトを教える田口雅子さん。14名の参加者は、2回の日程で3体のさると屏風を作製した。
 初日には、田口さんが頭、体、腕と3つのパーツを分けて見せ、プロセスを解説。「体は中袋にペレットが入っていて座りが良く、両腕も1本でつながっています。頭は小さく細かい作業なので、切り込みの入れ方など注意してください」とポイントを交え説明。体は布を袋状に縫い、底にタックをとる。中袋を作り、ペレットを入れる。腕はバイヤスの布を二つ折りにして縫い、毛糸を通して両端を絞る。メインの作業は頭づくり。「最初に布を切る時は荒断ちでいいですよ。パーツが小さいので、そのほうが作業がやりやすくなります」と田口さん。頭の布から顔部分を切り抜き、裏から顔布をあててしつけ。その顔布を、頬などのカーブが出るよう切ってまつり、アップリケにする。後頭部分の布を中表に合わせ、返し口を残してぐし縫い。耳の部分にも切り込みを入れ、頭の形に切り、表へ返して綿を詰め、とじる。ビーズを目に、鼻と口は刺繍する。
 小さいパーツのために、布を切りすぎたり、うまく縫い付けなかったりと、参加者は四苦八苦。時折、田口さんが修正などして手伝い進めたが、一つ作って時間切れになった人が多く、3体分の残りのパーツは自宅で作ることに。2日目は、パーツをつなぎ、屏風を作って飾りは完成。「体の詰めものを綿にして、リースに加えると玄関に飾れますよ」と田口さん。参加者は「3体いるので『見ざる・言わざる・聞かざる』にしてもいいですね!」「顔を作るのに苦労しました。でも全部表情が違っていて可愛い。さっそく自宅に飾ります」とのことだった。 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る