イチゴ酵素飲料 体の内側から元気に

 酵素とは触媒として働くたんぱく質のこと。体内のあらゆる働きにかかわる酵素は大きくわけて、食べ物を分解し、吸収を促す消化酵素と吸収された栄養素をエネルギー、タンパク質やホルモンに変える手助けする代謝酵素の2つがある。
 全ての生命活動に欠かせない酵素を食物から摂取し健康になってほしいと、ちはら台コミュニティセンター主催講座『ちはら☆あらかると 手作りイチゴ酵素ジュースを作ろう』が2月3日に開かれた。参加者9名に講義したのは食生活アドバイザーの有里節子さん。同センターで季節ごとに梅、野草、野菜などの酵素ジュース作りを教える。
 材料はイチゴを中心に国産の柑橘類やキウイ、血糖値の上がりにくいキクイモや鉄分の多いビーツなど全9種類。有里さんが育てた無農薬の野菜もあったが、あらかじめ酵素水に浸け農薬などの化学物質を取り除いてある。材料に対し重さ1.1倍の上白糖と1%の麹も使用する。今回は上白糖の代わりに「オリゴ糖が多いてん菜上白糖」を使った。「砂糖はビンの中で発酵が進むとブドウ糖や果糖になる」そうだ。
 作り方は4Lビンの底に砂糖を敷き、薄切りにした材料と砂糖と交互に重ねていくだけ。最後に麹を入れ、砂糖で蓋をする。「1日1回素手でかき混ぜ約1週間。濾したら完成」
 注意点は「涼しい場所で常温保存。熱に弱いのでお湯で割らない」。朝晩30ccほどを5.6倍に薄めて飲む。「カロリーは60ccでおにぎり1個分」。絞りカスは入浴剤や肥料に使える。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る