違いのわかる男たち

ドイツパンとビーフシチュー

 硬いドイツパンを日本人向けにアレンジしたパン2種とビーフシチューを作る『男のこだわり料理~ドイツ風パン作り』(ちはら台コミュニティセンター主催)が2月7日に開かれ、10名が参加した。講師は山武市在住の高田温美さんとアシスタントの竹石さんと山口さん。
 パン2種は一つの生地から作る。材料は強力粉8割と薄力粉2割、皮が香ばしくなるモルトパウダー、スキムミルク、ショートニングなど。講座担当者は「料理のきっかけになればと企画した」と話すが、すでにイタリアン、パンや和菓子教室に通う参加者もいて、調理台に生地を打ち付ける姿は慣れた様子。力強く捏ね、発酵や分割を終えると手早く成形に取り掛かった。
 丸いブレッチェンは手の平で形を作る。ケシの実パンは細長く成形し、波型に置いたキャンバス布などの間におく。布で両側から支えると「仕上げ発酵時に立ち上がり、コッペパン型になる」そうだ。水刷毛でケシの実をたっぷりつけ焼成した。
 シチューの牛肉300gは「フォークなどで筋を切りひと口大に。みじん切りキウイ1個、塩麹大さじ1、ヨーグルト大さじ2に2時間以上浸けると柔らかくなる」。参加者は探究心旺盛、野菜や調味料を煮込む間にもメモを取りながら質問。味に深みが出るインスタントコーヒー少々を加える前後にはそれぞれ味見し、研究していた。すりおろしたジャガイモでとろみをつけ完成。高田さんは「プロ並みの方もいてドキドキした」とほっとした様子で講座を終えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る