違いのわかる男たち

ドイツパンとビーフシチュー

 硬いドイツパンを日本人向けにアレンジしたパン2種とビーフシチューを作る『男のこだわり料理~ドイツ風パン作り』(ちはら台コミュニティセンター主催)が2月7日に開かれ、10名が参加した。講師は山武市在住の高田温美さんとアシスタントの竹石さんと山口さん。
 パン2種は一つの生地から作る。材料は強力粉8割と薄力粉2割、皮が香ばしくなるモルトパウダー、スキムミルク、ショートニングなど。講座担当者は「料理のきっかけになればと企画した」と話すが、すでにイタリアン、パンや和菓子教室に通う参加者もいて、調理台に生地を打ち付ける姿は慣れた様子。力強く捏ね、発酵や分割を終えると手早く成形に取り掛かった。
 丸いブレッチェンは手の平で形を作る。ケシの実パンは細長く成形し、波型に置いたキャンバス布などの間におく。布で両側から支えると「仕上げ発酵時に立ち上がり、コッペパン型になる」そうだ。水刷毛でケシの実をたっぷりつけ焼成した。
 シチューの牛肉300gは「フォークなどで筋を切りひと口大に。みじん切りキウイ1個、塩麹大さじ1、ヨーグルト大さじ2に2時間以上浸けると柔らかくなる」。参加者は探究心旺盛、野菜や調味料を煮込む間にもメモを取りながら質問。味に深みが出るインスタントコーヒー少々を加える前後にはそれぞれ味見し、研究していた。すりおろしたジャガイモでとろみをつけ完成。高田さんは「プロ並みの方もいてドキドキした」とほっとした様子で講座を終えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る