体協通信

優勝目指して思いはいつも「サインはV」
市原市バレーボール協会

 今年も市原市教育委員会、(公財)市原市体育協会が主催の市民体育大会をスタートに各大会が始まりました。
 家庭婦人バレーボール大会は、4/15「辰巳ヴェルディ」、4/16は「翼」チームが優勝し、両日とも大変な盛況でした。現在市原市家庭婦人連盟には、各学校区で結成された24チームが登録され、生涯スポーツとして心身の健全と相互の親睦を図ることを目的に、活動しています。年間4回の協会主催大会を、主に臨海体育館で開催。登録チーム数は減少傾向ですが、楽しく試合できるよう各チームで協力し合い、活動を盛り上げています。
 また、GW中の4/30・5/1には、中学校男女の市民体育大会が行われました。県大会出場権がかかっていることもあり、保護者を始め各学校関係者が応援するなか、女子はちはら台南中が優勝。県大会には優勝チームの他、千種中、五井中が出場します。男子は南総中が優勝し、県大会出場を果たしました。なお、県大会は6/11・12に開催されます。本市代表として活躍を期待したいと思います。
 一方、一般の部では、男子・女子6人制及び9人制大会がそれぞれ3回ずつ開催されます。男子9人制大会は、参加チームが減少したこともあり、今年度、試合方式を見直しました。これまで好評な男女混合大会を多く取り入れ、参加チームの増加、バレーボールの楽しみ方や魅力を伝えたいと計画しています。
 当大会は5/22、10/30、2/ 12の3回とし、ネットの高さは2m30㎝、男子は全員バックプレイヤー扱いの特殊ルールで行います。男子のバックアタックのスピードとダイナミックさ、レシーブ力が点の取り合いのポイントとなり、見ていても楽しい試合です。親睦を兼ねて大いに楽しめますので、是非参加をお勧めいたします。
 大会参加への問合せは事務局原田まで、今年の役員は、会長:斎藤一雄、副会長:米元明、理事長:吉田行正、家庭婦人は理事長:高橋昌子です。他にも、中学校:上田伸哉、高校生:松田邦彦が担当しています。お問合せは吉田行正まで。

TEL 090・1772・6166

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る