心で結ばれたサークルで笑顔に

 「ここに来るとみんな生き生きしますよ。特に女性はきれいになる」と話すのは中途失聴・難聴者サークル『つくしの会』の会長谷口哲夫さん。会員の60代男性は「以前は海や山によく出かけたが、耳が聞こえなくなってからは周囲に遠慮して行動半径が狭くなった。家族にすら何回も聞き直すのは申し訳ないと思うことがある。会ではお互い何に困るのかわかりあえる」と明るい。60代の女性は「人工内耳手術など難聴者向けの情報が得られる。自然体でみんなと話せる」、2年前から参加する70代の女性は「高齢で手話を覚えるのに時間がかかるが、親切に教えてもらえる」と会員たちは同じ困難を抱えた仲間の絆で結ばれた会の良さを語る。
 同会は八幡公民館にて毎月第2・第3土曜日の10時から12時半。第2土曜は手話の勉強が中心、第3土曜は会話をスクリーンに映し出す方法で交流する。会員は5名の健聴者を含む14名。大人になって難聴になった40代から70代の会員が中心。「月1回だけではさみしい」という声があり、3年前から月2回集まることになった。日帰り旅行や親睦会もある。見学大歓迎。年会費1800円。
 事務局の池内伸自さんに健聴者に望むことを聞くと「難聴者が聞き取りにくいのは大きな声や早口。口の動きや表情も聞き取りの助けになるので、向かい合ってゆっくりはっきりと普通の声で話してほしい」とのこと。補聴器は耳元で大きな声で話すと音が割れてしまうそうだ。
問合せ 池内さん
TEL 090・9326・3189
FAX 0436・62・5221
メール k-ten@icntv.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る