心で結ばれたサークルで笑顔に

 「ここに来るとみんな生き生きしますよ。特に女性はきれいになる」と話すのは中途失聴・難聴者サークル『つくしの会』の会長谷口哲夫さん。会員の60代男性は「以前は海や山によく出かけたが、耳が聞こえなくなってからは周囲に遠慮して行動半径が狭くなった。家族にすら何回も聞き直すのは申し訳ないと思うことがある。会ではお互い何に困るのかわかりあえる」と明るい。60代の女性は「人工内耳手術など難聴者向けの情報が得られる。自然体でみんなと話せる」、2年前から参加する70代の女性は「高齢で手話を覚えるのに時間がかかるが、親切に教えてもらえる」と会員たちは同じ困難を抱えた仲間の絆で結ばれた会の良さを語る。
 同会は八幡公民館にて毎月第2・第3土曜日の10時から12時半。第2土曜は手話の勉強が中心、第3土曜は会話をスクリーンに映し出す方法で交流する。会員は5名の健聴者を含む14名。大人になって難聴になった40代から70代の会員が中心。「月1回だけではさみしい」という声があり、3年前から月2回集まることになった。日帰り旅行や親睦会もある。見学大歓迎。年会費1800円。
 事務局の池内伸自さんに健聴者に望むことを聞くと「難聴者が聞き取りにくいのは大きな声や早口。口の動きや表情も聞き取りの助けになるので、向かい合ってゆっくりはっきりと普通の声で話してほしい」とのこと。補聴器は耳元で大きな声で話すと音が割れてしまうそうだ。
問合せ 池内さん
TEL 090・9326・3189
FAX 0436・62・5221
メール k-ten@icntv.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る