麻雀で医療費削減

 「おめでとう」と拍手を浴びて優勝トロフィーを渡され、「気合をいれて対戦した。妻に報告したい」と喜びを話したのは根本正三さん(68)。昨秋、雀荘グリーンクラブにて麻雀大会が開かれた。参加者はシニア健康麻雀サークル『アクト・ブレーン』の50代から80代の会員20人。大会は10時から16時まで、くじ引きで決めた相手と数回対戦して成績を決める。1年に1度の大会だけに参加者は真剣勝負。竹上成さん(79)は疲れも見せず「集中してパイを握るのが楽しい」と笑顔で語った。
 普段、同サークルは五井公民館を中心に第1・第3金曜日の9時から12時まで麻雀卓を囲む。4年前に代表の山崎哲男さんが「頭と手を使い老化防止に役立つ」と「飲まない、賭けない、吸わない」を原則にサークルを立ち上げると仲間はすぐに集まった。「麻雀は一度手合わせすればすぐに打ち解けられる。実力だけでなく、運も左右するので初心者でも勝つチャンスがある」と囲碁や将棋との違いを強調する。会員の一人はサークルについて「いろいろな組み合わせで対戦でき、成績もつけるのでやる気がでる」と話した。
 山崎さんは「市で大会を開き、麻雀人口を増やしてくれると医療費削減になるのになあ」と期待する。自身は卓球やウオーキングを行い、「英会話で脂汗をかき、麻雀で頭を活性化して健康に注意している」そうだ。現在の悩みは「持ち運びできる手製の麻雀台が4台しかなく、これ以上会員を増やせないこと」だとか。会費3カ月千円。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る