麻雀で医療費削減

 「おめでとう」と拍手を浴びて優勝トロフィーを渡され、「気合をいれて対戦した。妻に報告したい」と喜びを話したのは根本正三さん(68)。昨秋、雀荘グリーンクラブにて麻雀大会が開かれた。参加者はシニア健康麻雀サークル『アクト・ブレーン』の50代から80代の会員20人。大会は10時から16時まで、くじ引きで決めた相手と数回対戦して成績を決める。1年に1度の大会だけに参加者は真剣勝負。竹上成さん(79)は疲れも見せず「集中してパイを握るのが楽しい」と笑顔で語った。
 普段、同サークルは五井公民館を中心に第1・第3金曜日の9時から12時まで麻雀卓を囲む。4年前に代表の山崎哲男さんが「頭と手を使い老化防止に役立つ」と「飲まない、賭けない、吸わない」を原則にサークルを立ち上げると仲間はすぐに集まった。「麻雀は一度手合わせすればすぐに打ち解けられる。実力だけでなく、運も左右するので初心者でも勝つチャンスがある」と囲碁や将棋との違いを強調する。会員の一人はサークルについて「いろいろな組み合わせで対戦でき、成績もつけるのでやる気がでる」と話した。
 山崎さんは「市で大会を開き、麻雀人口を増やしてくれると医療費削減になるのになあ」と期待する。自身は卓球やウオーキングを行い、「英会話で脂汗をかき、麻雀で頭を活性化して健康に注意している」そうだ。現在の悩みは「持ち運びできる手製の麻雀台が4台しかなく、これ以上会員を増やせないこと」だとか。会費3カ月千円。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る