市美展は体験型美術館

 「高校生や難病を患う若者、白寿や卒寿を目指す高齢の作家たちなど15歳から94歳までの作品があります」と多様性を大切にした展覧会を運営するのは市原市美術会第4代会長の飯高和子さん(79)。
 昨年10月28日から11月3日、五井会館4階ホールにて同会主催『55回記念市原市美術展覧会|学びあい育み続けて55年未来を紡ぐふるさと文化美術展』が開催された。展示されたのは、日本画・水墨、洋画、書、彫刻・工芸の作品271点。最高賞の市原美術大賞は西敏嘉さんの油彩『阿弥陀堂門扉』、市原美術準大賞は中山正彦さん、遠藤悦子さん、水野てるみさん。
 会場は出品、鑑賞、体験と文化芸術との出会いを体感できる美術館。来場した歌人佐倉東雄さんがワークショップの墨流しで色紙を作っていると、書道家の飯高さんはすぐに筆を執り、佐倉さんの詠んだ短歌を色紙に書いて「今日あなたが生きた証よ」と共同制作。来場者は、ちぎり絵体験コーナー、山本富彦さんによる竹ひご作りの実演も楽しんでいた。
 飯高さんは「例年、サンプラザでの授賞式も感動的です。もう少し大きい作品を展示できる会場で芸術の感動体験の場を発展させたい」と今後の夢を語った。高校生出品無料。団体奨励賞は県立市原高校だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る