市美展は体験型美術館

 「高校生や難病を患う若者、白寿や卒寿を目指す高齢の作家たちなど15歳から94歳までの作品があります」と多様性を大切にした展覧会を運営するのは市原市美術会第4代会長の飯高和子さん(79)。
 昨年10月28日から11月3日、五井会館4階ホールにて同会主催『55回記念市原市美術展覧会|学びあい育み続けて55年未来を紡ぐふるさと文化美術展』が開催された。展示されたのは、日本画・水墨、洋画、書、彫刻・工芸の作品271点。最高賞の市原美術大賞は西敏嘉さんの油彩『阿弥陀堂門扉』、市原美術準大賞は中山正彦さん、遠藤悦子さん、水野てるみさん。
 会場は出品、鑑賞、体験と文化芸術との出会いを体感できる美術館。来場した歌人佐倉東雄さんがワークショップの墨流しで色紙を作っていると、書道家の飯高さんはすぐに筆を執り、佐倉さんの詠んだ短歌を色紙に書いて「今日あなたが生きた証よ」と共同制作。来場者は、ちぎり絵体験コーナー、山本富彦さんによる竹ひご作りの実演も楽しんでいた。
 飯高さんは「例年、サンプラザでの授賞式も感動的です。もう少し大きい作品を展示できる会場で芸術の感動体験の場を発展させたい」と今後の夢を語った。高校生出品無料。団体奨励賞は県立市原高校だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る