心の緊張を介護者居酒屋でほぐしてみようよ

 市原市辰巳台では隔月に1回寿司屋さんの2階で『介護者居酒屋』が開催され、介護者や関係者が食事をしながら気軽に介護を語り合っている。昨年3月にスタートした介護者居酒屋には毎回10数人が集り、またインターネットの無料電話を利用して遠方の介護者と映像を繋ぎ、その場に来られない人とも会話を楽しんでいる。
 会の発足に尽力した市原市認知症対策連絡協議会の事務局長で、言語聴覚士である安田清さんは、「協議会の新規プロジェクトとして始めました。2年前認知症の人とボランティアがおしゃべりをするテレビ電話支援会(NPO一歩一歩)を開始したのですが、そこで気づいたのは介護をしている人たちがより会話を欲している事実です」と話す。
 デイサービスを利用するなど、患者側は比較的会話の場を持つことができる。だが、介護側は世話をすることに一生懸命になるあまり、苦痛を声に出すことさえためらう人がいる。認知症の患者は増加の一途だが、未だ完治する治療法はない。「介護をするのは大変で性別は関係ありません。それでも特に来て欲しいな、と思うのはまだ若い勤務中の介護者や、男性介護者です。ちょっとお酒を飲みに行くかという感覚でいいんです」と安田さんは訴える。
 また、介護者同士で「うちはこうやっているよ」という情報交換するだけではなく、訪問看護師やケアマネージャーも参加しているので介護保険など支援制度についても気軽に聞くことができる。「私も看護師をする傍ら、義母の介護をする身で参加しています。みなさんの話を聞くと、介護ではみんな同じだな、頑張ろうと力をもらえます」と話す。
 暗い話をすることもある。しかし同じ話をするにしても、2人で話すと深刻になってしまうことが、数人で話すと笑いが起こるというのだから集団の力と言うのは不思議である。
 市内在住の嶋田政樹さんは妻の介護をしている。「ここに来て悩みを話すと、大概みんな同じ経験をしています。笑うことはストレス発散になります。世間では溜めこみすぎておおごとにしてしまうことも少なくありません。ただ、私は娘に代わりを頼んで出かけてこられますが、そういう人ばかりではない。その解決法も必要だと思います」と切実な意見を真剣に語った。
 取材日には、居酒屋のスクリーンと映像を繋いだ木更津在住の男性が、介護中の妻の隣に仲良く座りながら、訪れた人々と会話を楽しむ姿も見ることができた。少しでも介護者の視界を広げ、ふっと息を抜く瞬間は必ず必要なのだろう。
 現在、介護者居酒屋は辰巳台のみで行われているが、安田さんは関係者の協力で今後は市内各地にできることを期待している。奇数月第2土曜日18時の開催で会費は2千円。詳細は問合せを。

問合せ 嶋田さん
TEL 0436・25・1734

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る