昔からある野菜のお菓子・てんもんどう 新しく人気の東金銘菓に【東金市】

 道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。
「東金の特産品を使い、贈答品として耐えうる地元の逸品づくりを目指し、2017年に商品開発が始まりました。何度も協議を重ね、見いだされたのが千葉の食文化の『てんもんどう』。主に柑橘類や根生姜を蜜で炊いて乾燥させた砂糖菓子で、昔から各家庭のおやつや保存食として親しまれてきました。これなら東金で多品目生産されている果物や野菜を、季節に応じて有効に活用できると考え、1年かけて商品化しました」とみのりの郷のスタッフ。開発には、みのりの郷を指定管理運営している東金元気づくり株式会社が、東金市と東金商工会議所、千葉県産業振興センターの支援を受け、地元農家とじっくり取り組んだとのこと。
 東金の特産品といえば、徳川家康のお手植え蜜柑に由来するユズをはじめ、イチゴやブドウ、プラムなどの果物が有名。さらに野菜作りを熱心にしている農家も多数。近年チャレンジされているオリーブ、新たな特産品として栽培され始めた紫そら豆、長年地元で原木栽培されているシイタケなど、食材はとても豊富です。これら新鮮な農産物を、駅の施設内にある加工場で丁寧に手作りし、『東金天門どう』ができあがります。
 今年の夏には、炊き上げる蜜をてんさい糖に変え、さらに優しい甘さとしっとり感がアップしました。もちろん、保存料や添加物はいっさい使われていないので、お子さんから年配の方まで、安心して食べられます。「ニンジンが苦手な子どももこのお菓子なら大丈夫」という方もいるほど。これからの季節は限定販売の「ショウガ」も人気があり、オススメです。

問合せ:道の駅 みのりの郷東金
TEL.0475・53・3615

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る