雉が座るムシロ キジムシロ

 春の花を探して里山の散策を再開。コブシやヤマザクラが咲くには少し早かったが、薄紫のタチツボスミレらしき花が咲いていた。市原で見られるスミレは10数種類と多く、区別できるほどにはまだ精通していない。そんな中、陽だまりで黄色い花を見つけた。
 周りの草がまだ芽生え始めたばかりなのでよく目立つ。遠目でタンポポと思い込んでいたが、違っていた。バラ科キジムシロ属のキジムシロ(雉蓆)。多年草で高さは5~30センチ。5弁の黄花は大きさ15~20ミリ。茎は茶褐色、全体に粗い毛がある。
 花がよく似たキジムシロ属の見分け方として、キジムシロは5~9個の奇数羽状複葉、茎はほとんど枝分かれしない、ランナーという走出枝がない。オキジムシロは3~5個の奇数羽状複葉、茎は直立、斜上、枝分れする。ミツバツチグリは3小葉、走出枝がある。ヘビイチゴ属もまた黄花の5弁でよく似ている。
 花だけで区別するなら、キジムシロ属は萼片の外側にある副萼片が特徴。花のあとなら、ヘビイチゴ属は花床が丸く膨らんでイチゴ状の果床になる。放射状に丸く広がる株が野鳥のキジが座るムシロに見立てて名付けられたというくらいだから形からも区別しやすい。
 周りの草が伸びだすと陰に隠れて見分けられなくなる。5月ごろまで咲いているから草を掻き分けたときに見られるかもしれない。
 市原のいたる所で見られるキジムシロとキジ。その連想から自然への愛着が湧きあがるのも、自然が豊かな証。いつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る